忍びの国(映画)のストーリーあらすじと原作!キャストもチェック

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
忍びの国


 

さて、話を文吾・鉄の話に戻しましょう。

まず、文吾という人物は、最終的に信長に滅ぼされた伊賀の国の恨みを無門にぶつけ、その命を奪うことを目的として無門の前に登場します。

無門が信長の家臣になりすまして、今すぐ伊賀の国を攻め落とすよう助言してことを、三太夫から聞かされた文吾は激怒していたのです。

だからこそ復讐として、無門を命を奪おうと付け狙っていたのでしょう。

原作『忍びの国』では、そのやり取りが描かれているのですが、映画では時間の関係もあり、そこまでのストーリーを盛り込めなかったのかもしれません。

同じく、鉄という少年も時間の関係で、映画版『忍びの国』では描かれていないみたいです。

ただ彼と無門の関係は、一度お国に激怒されたことがあり、彼女のもとに帰りづらい状況下で、鉄のところに無門が居候していたことがあった関係にあるようです。

そんなこともあったので、少年である鉄を引き取って、最終的に京都に移り住んでいたようです。

このような細かい描写が、映画『忍びの国』で表現されていないらしく、一部の原作ファンは残念がっていました…。

 

それにしても気になるのは、小茄子をどうして無門が手に入れたかということ…。

これも原作『忍びの国』で描かれていますが、実は、この小茄子は北畠凛から託された品だったそうです。

ということは北畠家と無門は接点を持っていたことになるわけですが、元々は隣国の人間ですし、単身で織田家に乗り込み、戦を止めようとした無門に、その想いを託したのかもしれません。

ちなみにその後、北畠凛は自ら命を捨てています。

映画『忍びの国』では、どこまで描かれているのか分かりませんが、なんとも切ない話ですね。

 

まとめ

映画『忍びの国』は、歴史上にある『天正伊賀の乱』をモチーフとして描かれた映画であることが、よく分かりました。

原作も、作家・和田竜先生の同名小説が用いられています。

原作小説の中では、さらに細かいストーリーが描かれているので、少しでも『忍びの国』に興味のある人は、一度読んでみることをおすすめしたいですね。

また、映画『忍びの国』では、個性豊かなキャストが出演し、これでもかと言わんばかりに、原作の世界観を表現されています。

大野智さん・石原さとみさんを中心に、この個性豊かなキャストがどこまでコラボして、最高の作品として手掛けているのか、ぜひ觀てみてくださいね!

1 2 3 4
ページトップへ