銀魂(実写映画)のストーリーあらすじとキャストをチェック!

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
銀魂

何でもありの世界観を『銀魂』で描いているところにあるのだと思います。

時代劇という設定なのに、なぜかファミコンが登場し、あるシーンでは、ファミスタをやることが夢と語るシーンまで登場するメチャクチャな設定…。

さらに、放送禁止用語も当たり前のように出てきます。

日頃の悩みがバカバカしくなるくらい、腹を抱えて笑ってしまうギャグ漫画という印象が強いです。

ある種、そのギャグは、かつて人気を博しアニメ化もされた、『ハイスクール奇面組』にも相通じるものがあります。

ここまで良い意味で、くだらなさ満載の漫画は、あまり他にないのではないでしょうか。

そして、『ハイスクール奇面組』にはない、シリアスな設定や、剣客とのバトル、なぜか宇宙戦艦ヤマトばりの、スペースシップでのバトルシーンなど。

とにかく面白ければ何でもあり

の漫画。

なので、『銀魂』の実写化は無理だと思っていました。

 

しかし、『銀魂』の実写映画が決まり、2017年7月14に公開!

舞台挨拶では、中村勘九郎さんの大爆笑トークもあった(放送禁止用語もあった)ようです。

いろんな意味でハチャメチャな映画となりそうですね。

それにしても、よく『銀魂』が実写映画化できたものだと驚きを隠せません。

本当に良くも悪くも、設定がメチャクチャな漫画が原作です。

アニメならまだしも実写映像化された場合、その奇抜すぎる設定に、すぐさまクレームを入れられるのが、オチだと思えて仕方ないのです。

かつての『進撃の巨人』では辛辣なクレームが飛び交い、樋口真嗣監督が、この実写映画を評論した映画評論家にブチ切れてしまうこともあったほどです。

1 2 3 4
ページトップへ