銀魂(実写映画)のストーリーあらすじとキャストをチェック!

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
銀魂

中村勘九郎さんは、主演の小栗旬さんから今回の話を聞いていて、もしやるなら『近藤勲役で出たい』と言っていたそうです。

また、橋本環奈さんも、人気漫画で神楽役に抜擢されたことに驚き、プレッシャーを感じながらもオファーを受けたと語っています。

佐藤二朗さんのように、常に全力で悪ふざけをするキャラを演じている俳優であれば、

イメージが壊れるどころか相乗効果となって、より魅力を感じる

ことはできますが、少なくとも彼らにはそういうイメージはありません。

それだけに、いろんな意味で今までのイメージが壊れるリスクがあるのかもしれません。

しかし、それ以上に得るものは確実に大きいです。

そのリスクを取れる人たちが集まり、実写映画化されたのが今回の『銀魂』です。

 

筆者としては実写映画『銀魂』は、『つまらない』と斬り捨てられるのではないかと、不安をよぎらせています。

まぁ正直なところ、原作の通りは難しいでしょう。

別に原作そのものを否定する気はありません。

とはいえ、奇抜な漫画作品が原作に用いられているのです。

時に放送禁止用語もお構いなく連発し、非常識なストーリー展開も見られる、

楽しませるためには何でもありの作品

ですから、実写映画で、その通りは無理があります。

ただ、その通りは無理でも、どこまで漫画に実写映画が近づけるのか。

また、批判を受けない程度にギャグ満載の映画として展開し、観客に受け入れられることができるのか?という挑戦はできます。

今回は、キャストたちの腕の見せ所だと思います。

なので、ぜひファンたちが腹を抱えながら大爆笑し、『最高!』と支持されるような演技をして欲しいものですね。

 

まとめ

筆者としては、

『絶対に実写映像化は無理』

と考えていた漫画『銀魂』。

それが実写映像化すると知り、ただ驚きを隠せない状況です。

一方で、どこまで果敢に実写映画で銀魂ワールドに近づけるのか。

ストーリーは、平穏な日常の中で、桂小太郎の失踪や高杉晋助の企みなどが発生するオーソドックスな展開です。

奇抜な展開は極力排除しているみたいですが、その中でも、できる限りのギャグは実写映画でも埋め込んでいるみたい…。

キャストも豪華絢爛な面々が揃っているだけに、

どこまで放送コードギリギリでありながらもギャグ満載で楽しい作品に仕上げてくれるのか楽しみにしましょう!

1 2 3 4
ページトップへ