告発弁護士・猪狩文助の歴代俳優の違いと視聴率が悪い理由とは?

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


かつては、いかりや長介さん(TBS系)や藤田まことさん(テレビ東京系)が、主人公:猪狩文助を演じ話題となってきた人気ドラマシリーズ『告発弁護士シリーズ』。

このドラマシリーズで、三代目の猪狩文助を柄本明さんが演じ、2015年3月に『新 法廷荒らし 猪狩文助』として、TBS系列にて新たに放送されたことを皆さん覚えていますか?

平均視聴率は

7.6%

と、話題だった割にはあまり奮わなかったドラマ作品でもあるので、もしかしたらあまり記憶されていないかもしれませんね。

そこで本記事では、改めて『告発弁護士シリーズ』の3作品を振り返りながら、ドラマの魅力や視聴者の感想、ドラマの違いをまとめていきたいと思います。

[adsense]

いかりや長介の演じた猪狩文助と告発弁護士シリーズ

いかりや長介の猪狩文助

いかりや長介が演じる猪狩文助

作家・和久峻三先生の小説『告発弁護士シリーズ』を原作として、TBSの月曜ミステリー劇場(現在で言うところの月曜名作劇場枠)の告白弁護士シリーズは、全5回放送されています。

当時は、いかりや長介さんの独特なキャラクターを活かしたドラマシリーズに仕上がり、ファンの間では人気作品でしたね。

やはり魅力は、いかりや長介さんの

表現豊かな演技力

にあったのではないかと思います。

それまでにいかりや長介さんが演じてきたタイプのキャラクターとは大きく異なり、

飄々として周囲をからかうシーンも多く見られる変な爺さん

という印象のキャラクターを演じられていました。

そのギャップが大きな人気に繋がったのでは?と今振り返ってみるとそんな気がします。

1 2 3 4
ページトップへ