怪盗グルーのミニオン大脱走(映画)のストーリーあらすじをチェック

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
怪盗グルー

これがどんな内容の映画なのかは、先程お話したとおりです。

ここで、もう少し掘り下げて、『怪盗グルーのミニオン大脱走』のストーリーあらすじを観ていきたいと思います。

 

黄色い生命体『ミニオン』を従え、怪盗三昧に明け暮れていた、

怪盗軍団ミニオンズのリーダー:怪盗グルー

は、既に悪事から足を洗い、一人の父親として娘と普通の生活をしていました。

とはいえ、反悪党同盟のエージェント兼コンサルタントという、どことなく怪しい仕事をしているのです。

しかし、なかなか依頼も入らず、娘のアグネスがそんな父・グルーを見かねて、バザーを開き、生活費の穴埋めをしようと働き始めるのです。

すっかり父としての尊厳を失いかけていたグルー。

ある日、双子の弟ドルーから再び怪盗の仕事をしないかとオファーを受けます。

その内容とは、グルーの因縁の相手であるバルタザール・ブラッドが盗んだ世界最大のダイヤモンドを奪い、横取りしようというものでした。

最初は、既に『怪盗家業から足を洗っているから』と断っていたグルーでした。

しかし、再三に渡る誘いに断りきれず、ついには手下であるミニオンたちを引き連れ、再び怪盗の道に足を踏み入れていくのですが…。

 

以上が、映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』のストーリーあらすじとなっています。

グルーは、ただ双子の弟に誘われ、怪盗家業に舞い戻るだけではありません。

因縁の相手であるバルタザール・ブラッドの現在や生い立ちなど、見どころはたくさんあります。

もう少し見どころについて、後ほど掘り下げて紹介していきますが、

一見可愛いキャラクターに見えるミニオンたちの悪行三昧

(とは言っても、ただグルーたちに従っているだけで、実際はドジも多い…)

1 2 3
ページトップへ