怪盗グルーのミニオン大脱走(映画)のストーリーあらすじをチェック

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
怪盗グルー

も見られますよ。

 

映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』の見どころ

因縁の相手だった、バルタザール・ブラッドが強盗したダイヤモンドを横取りしようと弟・ドルーに誘われ、再び怪盗家業に舞い戻るグルー。

やはり映画の一つの見所は、グルーたちと、バルタザール・ブラッドとのダイヤの奪い合いが描かれているシーンに尽きると思います。

ただ怪盗バトルが展開されて終わりという映画ではないことも、紹介したあらすじを観るだけでも理解できるでしょう。

では、実際のところ、この映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』にはどんな見どころが隠されているのでしょうか。

その一部を紹介したいと思います。

まず一つは、先程も少しだけ触れましたが、

バルタザール・ブラッドの生い立ち

です。

バルタザール・ブラッドは、子供の頃に『イービル・ブラッド』という自身の冠番組を持つミュージシャンだった人物です。

ただ、あくまで栄光は子供の頃まで。

14歳を迎え、人気が低迷していくに従って、いつの間にかテレビから姿を消してしまったのです。

まぁ、よく芸能界で見られる一発屋というやつですね。

ミュージシャンとして一度は栄光を掴みながらも、人気衰退と共にテレビから姿を消してしまったバルタザール・ブラット。

しかし彼は過去の栄光にしがみつき、昔と同じ衣装を身にまとい、世界征服を夢見ていたのです。

そして、その世界征服の野望が、

世界最大級のダイヤモンド盗難事件を引き起こす

というネジ曲がった犯罪行為(怪盗)を引き起こすきっかけとなってしまうのです。

明らかに間違った行動ですし、その怪盗を制裁するために、盗まれたダイヤモンドを奪還しようと、グルーたちが動いていくのかと思いきや、

ただ横取りしたかっただけ

で、結局グルーたちも犯罪に加担してしまうのです。

この映画では、グルーたちの生い立ちも垣間見ることができます。

グルーが生活苦に喘いでいるのに対して、なぜかドルーはセレブな生活を満喫できているのですから、面白いものです。

しかも、怪盗の話を持ちかけたのが、セレブな生活を送っている弟・ドルーなのですから。

ドルーはなぜ、再び犯罪に手を染めてまで、ダイヤモンドを強奪しようとグルーに話を持ちかけたのでしょうか?

その本当の意味も描かれていくことと思いますし、そこも見どころの一つと言えるでしょう。

さらにはグルーが、怪盗家業に舞い戻ることで、娘のアグネスはどうなってしまうのかなど。

まだまだ、注目すべきポイントはあります。

その一つ一つがどのように描かれていくのか、ぜひ『怪盗グルーのミニオン大脱走』で、その答えを確かめてみてください。

 

まとめ

バナナ(日本語吹き替え版のみの設定)やシリアルから作られた

とされる、黄色い生命体『ミニオン』たちも活躍する映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』。

あくまで主人公は怪盗グルーです。

そして因縁の相手・バルタザール・ブラッドが盗み出したダイヤモンドを強奪しようと働きかけていく物語です。

ただダイヤの奪い合いだけでなく、見どころはたくさん描かれています。

それぞれのキャラが怪盗に成り果てていくさまを見ても実に面白いです。

単純にミニオンズの動きを見ていても可愛さや怪盗としての憎たらしさなど、色んな表情が見えて面白い映画ですよ。

1 2 3
ページトップへ