東京喰種トーキョーグール(実写映画)のあらすじとキャストを紹介

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
清水富美加

人間としての理性と喰種としての欲望の間に苛まれ、苦悩と葛藤の日々を送る姿を描いた漫画作品です。

 

そもそも、金木はリゼという女の子とデートしていただけで、まさか彼女が喰種とは想像もしていませんでした。

しかし、そんな金木の気持ちを土足で踏みにじるかのように、喰種であることを隠していたリゼは、金木を罠にハメて、襲いかかったのです。

偶然にも、命を落としそうな重傷を受けた直後、リゼの頭上に鉄骨が落ち、一命をとりとめたのです。

しかし、運悪く二人が運ばれた病院で、

金木はリゼの臓器を移植されたため

に、半喰種となってしまうのです。

完全に喰種化してしまえば、人の肉を食らっても、それが当たり前という感情を持ってしまうのです。

金木は

半分人間・半分喰種

の身なので、

人の肉を喰らう=命を奪う

という感情があり、理性がそれを許さないところもある複雑な心境…。

だからこそ、日々、苦悩や葛藤に苛まれ過ごす羽目に陥ってしまうのでしょう。

そんな金木を中心とした戦いの日々を描いた作品が『東京喰種トーキョーグール』です。

人の肉を喰らうというサイコパスなシーンが描かれているからこそ、恐怖映画といえるわけですね。

もちろん、恐怖映画ですから、好き嫌いが、はっきり分かれていくと思います。

しかし原作の漫画『東京喰種トーキョーグール』に関しては、多くのファンから愛され、連載中の漫画誌『週刊ヤングジャンプ』の看板漫画と言われているくらいです。

ですから、好きな人はたくさんいるはずです。

それだけに、今回の実写映画化が、どこまで『東京喰種トーキョーグール』ファンを魅了する作品となるか楽しみですね。

 

映画『東京喰種トーキョーグール』のストーリーあらすじ

東京グール

1 2 3 4
ページトップへ