仮面ライダービルドの放送日はいつ?変身アイテムやフォームも紹介

仮面ライダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ炭酸缶なのでしょう?

あまりにも唐突過ぎて謎だらけです。

また、上記で紹介した5つのフォーム以外にも

  • ゴリラモンドフォーム
  • ホークガトリングフォーム
  • ロケットパンダフォーム
  • ファイヤーヘッジホッグフォーム
  • ライオンクリーナーフォーム
  • キードラゴンフォーム
  • 海賊レッシャーフォーム
  • オクトパスライトフォーム

の存在が判明しています。

フォームが多すぎて、『W』や『オーズ』を髣髴とさせますね…。

 

そして、2号ライダーは、仮面ライダークローズです。

画像の右が仮面ライダークローズで、左にいるのはナイトローグという敵みたいです。

“クローズ”というと、閉じるという意味だったり、終了させるという意味があるのですが、果たしてどんなモチーフなのでしょう…。

ビルドもクローズも、モチーフがわからなさすぎて、少し困惑中です…。

このほかにも、ブラッドローグという敵もいて、敵も武器やフルボトルを使用することがわかっています。

では、続いては変身アイテムや武器などについて、紹介しますね。

 

仮面ライダービルドはフルボトルで変身!

平成ライダーを語る上で欠かせないのが、変身アイテムですよね。

『仮面ライダービルド』に登場する仮面ライダービルドや仮面ライダークローズは、

フルボトル

と呼ばれる道具を、ビルドの場合は『ビルドドライバー』というものにセットし、『ビルドドライバー』を回すことで変身できるみたいです。

そのフルボトルというのがとても多く、

  • ゴリラフルボトル
  • ダイヤモンドフルボトル
  • ラビットフルボトル
  • タンクフルボトル
  • ホークフルボトル
  • ガトリングフルボトル
  • ニンニンフルボトル
  • コミックフルボトル
  • ロケットフルボトル
  • パンダフルボトル
  • 海賊フルボトル
  • 列車フルボトル
  • オクトパスフルボトル
  • ライトフルボトル

と、放送が始まる前から、すでにこんなにもフルボトルが発売される予定なのです。

この中から、有機物+無機物の組み合わせで変身となるのでしょう。

ちなみに、フルボトルは下の画像の左にある2つの物がそれです。

見た目といい、2つ組み合わせて変身するシステムといい、『ウルトラマンジード』のウルトラマンカプセルに似てますね。

また、フルボトルを敵も使うとのことですし、まるで『仮面ライダーW』のガイアメモリみたいとも言えるでしょう。

実際に登場するフォームがともかくとして、組み合わせだけならこの時点でもかなりの数…。

既に紹介しているだけでもフォームの数が多いので、歴代最多フォーム数になることも考えられそう…。

また、先ほども少し紹介したように、敵の使う『変身煙銃 トランスチームガン』などでもフルボトルは使うこととなっています。

そういう意味では、攻撃としても変身アイテムとしても使用している、今のスーパー戦隊『宇宙戦隊キュウレンジャー』のキュータマに似た部分もありますね。

ちなみに、『仮面ライダービルド』のバイクはまさかのスマホが変形というシステム。

ちょっと強引すぎる気もするのですが、そもそもどれだけでかいスマホなんだ!という話ですよね。

この他にも、武器として

  • 回転剣銃 ドリルクラッシャー
  • 百発連射 ホークガトリンガー
  • 忍術発動 4コマ忍法刀
  • ヒッパレ奏剣 ビートクローザー
  • 出発出航 カイゾクハッシャー

というものがあり、さらに敵が使用する武器に

  • 変身煙銃 トランスチームガン
  • バルブ回転 スチームブレード

があることも確認されていますよ。

キャストやストーリーについては、今後発表があると思いますので、その時を楽しみにしましょう!

 

まとめ

新しい仮面ライダーは、『仮面ライダービルド』というらしく、現在の『仮面ライダーエグゼイド』が一ヶ月早めに終了し、2017年9月からスタートするのでは?と囁かれています。

変身のコンセプトについては、あまりにバリエーションが豊富すぎて、正直なところ不明。

有機物+無機物のフルボトルを組み合わせる程度しかわかりませんでした。

今後、新たな情報が出てくることは確実ですので、その時を待ちましょう。

ちなみに、筆者としては、デザインが好みなので、今から放送がとても楽しみです!

1 2 3
ページトップへ