お前はまだグンマを知らない(映画)のストーリーあらすじとキャスト

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
間宮祥太朗


学校での授業開始の号令といえば、誰もが

「起立・礼・着席」

の3つの号令を思い浮かべると思います。

しかし、なぜか群馬県では「起立」と「礼」の間に、

「注目」

の言葉が入るそうです。

このように、

「ここが変だよ群馬県!!」

と思わずツッコミを入れたくなるような、他府県にないユニークな習慣が、群馬県にはたくさんあるそうです。

そんな群馬県ならではの習慣にスポットを当てて描かれた漫画作品『お前はまだグンマを知らない』が、実写映画化。

そこで本記事では、この映画『お前はまだグンマを知らない』のストーリーあらすじやキャストを紹介していきましょう。

[adsense]

『お前はまだグンマを知らない』ってどんな映画?

みなさんは、漫画家・井田ヒロト先生の漫画作品『お前はまだグンマを知らない』を知っていますか?

この漫画作品は、朝の情報番組『ZIP!』でも取り上げられた漫画作品です。

井田ヒロト先生が、

中学1年の時に群馬県高崎市に引っ越した時の経験

を元に、漫画化した作品となっています。

他の都道府県へ引っ越した直後は、どうしてもその県内で常識とされている習慣・文化に戸惑うことがありますよね。

例えば、東京から大阪に引っ越してみると、関西弁がきつく感じてしまい、恐怖を覚えてしまうこともあるでしょう。

東北に引っ越した直後には、方言がきつく、何を言っているのか聞き取れないこともあるかもしれません。

方言だけでも独特の県民性がそれぞれの都道府県に存在しますし、文化・風習も独特なものがあります。

そのため、他の都道府県に引っ越した直後は、どうしてもその文化・風習になれずに戸惑ってしまう…。

おそらく、原作者の漫画家・井田ヒロト先生も、群馬県の独特の文化・風習・県民性に驚き、戸惑ったのではないでしょうか。

1 2 3 4
ページトップへ