打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?のドラマと映画の結末

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?


かつてオムニバスドラマとして放送された『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が、アニメ化され、2017年8月18日に公開。

ある種、パラレルワールド的な世界観が描かれ、人生の選択が差し迫った時に、主人公たちはどのような選択肢を取るのか。

また違う道を辿っていたら、どのような運命が待ち受けているのか…。

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、そんな作品なのですが、少し特殊な世界観だけに、運命がどのように変化していくのか気になるところではあります。

そこで本記事で、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の魅力やストーリーあらすじ、結末をお話していきましょう。

[adsense]

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』とはどんな作品?

みなさんは、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』というドラマ作品を知っていますか?

この作品は、1993年に岩井俊二監督の名作テレビドラマとして、『世にも奇妙な物語』の後続となる

テレビドラマ『if もしも』の中で放送されたオムニバスドラマの一つです。

この『if もしも』というドラマ番組は、

人生によくある2つの選択肢『A』と『B』を両方選択することで

どちらがハッピーエンド、どちらがバットでンドになっていくのか。

比較しながら、見ていくスタイルのテレビドラマ作品となっています。

ストーリーテラーは『世にも奇妙な物語』から続いてタモリさんが担当しました。

どこにでもあるような人生を描きながらも、どこか怖さも感じさせる摩訶不思議なテレビドラマ作品として放送されていましたよね。

その中の一つの作品として、映画監督、映像作家、脚本家など多彩な才覚を持っている

1 2 3 4
ページトップへ