フェリシーと夢のトウシューズ(映画)のストーリーあらすじを紹介

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フェリシーと夢のトウシューズ

ル・オー婦人:夏木マリさん

以上が、発表されている『フェリシーと夢のトウシューズ』の日本語吹き替え版のキャストです。

それにしても、今回のキャストは、まさに適材適所なキャスティングですよね。

『TBS感謝祭』の赤坂5丁目マラソンで、ドラマの番宣のために、倒れそうになりながらも走り抜く根性を見せ、多くのファンを感動させた土屋太鳳さん。

夢に向かって突き進むフェリシー役にぴったりな女優です。

また、『千と千尋の神隠し』で、湯婆婆の声を担当した夏木マリさんがル・オー婦人の声を担当するわけです。

どこか意地悪さなども感じられるのでは?と楽しみです!!

そして、バレエ学校講師・メラントゥの声を、同じく

バレエダンサーとして活躍している熊川哲也さんが演じる

わけですから、これを適材適所と言わなければ、何を適材適所といえるのかわからないくらい、実にピッタリなキャスティングです。

どこまで、彼女ら声のキャストが、アニメ『フェリシーと夢のトウシューズ』の世界観を広げてくれるのか、期待しながら観たいですね。

 

まとめ

フランスのブルターニュ地方の施設で育つ、バレエ経験全く無しの女の子。

彼女がバレリーナへの夢を抱き、その夢に突き進んでいく姿を描いたアニメ映画『フェシリーと夢のトウシューズ』。

このアニメ映画は、小学校に通う女の子の将来なりたい職業トップ20に入っているバレリーナをテーマに描いている作品なのです。

きっと、この『フェシリーと夢のトウシューズ』を観て、感銘を受ける子供もたくさんいるでしょう。

この『フェシリーと夢のトウシューズ』を通じて、夢を見ることの素晴らしさを多くの人たちに届けるような、楽しい映画として描いてくれることを期待したいですね。

1 2 3 4
ページトップへ