エイリアン:コヴェナントのストーリー結末とキャストを考察!

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エイリアン

今作『エイリアン:コヴェナント』も設定は同じ…

宇宙船・コヴェナントで巻き起こるパニックな展開が用意された物語となっているのです。

では、さっそく、そのストーリーを簡単に紹介していきますね。

時は2104年、地球の崩落を危惧し、

人類移住計画(コヴェナント計画)

を実行するため、2000人の人員を冷凍休眠状態で乗り込ませ、他の惑星へと旅立ったコヴェナント号…

宇宙船が航行している間は、アンドロイドのウォルター(役:マイケル・ファスベンダーさん)に船の管理を任せ、他の乗組員も休眠していました。

しかし、航行中ニュートリノによる衝撃を受けて、コヴェナント号は甚大な被害を受けてしまいます。

そして、休眠カプセルの中にいた船長・ブランソン(役:ジェームズ・フランコさん)は亡くなってしまいます。

さらに休眠中の13人が目覚めてしまうという想定外のでき事が勃発!!

完全なる緊急事態が発生し、早くも暗雲立ち込める状況に陥ったコヴェナント号です。

そんな中、コヴェナント号は近くの惑星から人間が発信したと思われる信号をキャッチするのです。

船長代理のオラム(役:ビリー・クラダップさん)は、惑星調査に向かおうとします。

当然、テラフォーミングの専門家であり、ブランソン元船長の妻・ダニエルズ(役:キャサリン・ウォーターストンさん)は猛反対!!

しかし、彼女の言うことを聞かずにオラムは、反対するダニエルズも含め、捜索チームを編成します。

ダニエルズ、オラム、アンドロイドのウォルター、カリーヌ、ファリス、ロープ、コール、ハレット、レッドワード、ローゼンサル、アンカー

のチームはその惑星を調査することに…

すると、降り立った惑星で、オラムたちは奇妙な光景を観ることになります。

1 2 3 4
ページトップへ