侍ジャパン2017(U24)メンバーとスタメン予想!大谷翔平の起用は?

野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国際試合に慣れさせるという意味合いで、まだ国際試合経験の少ない選手を起用するのではないか?

と思っています。

ただ、それならば、

「U23のように、もっと実績の少ない選手を選ぶのではないか?」

という意見もあるでしょう。

しかし、この『アジアプロ野球チャンピオンシップ2017』は、U24という制限がありながら、フル代表の稲葉監督が指揮をとる大会です。

それゆえに、フレッシュオールスターに出場するようなメンツではなく、1軍選手も複数人入ってくるのではないかと感じるわけで…。

そこで、2017年の成績なども踏まえ、この4人を選んだ次第です。

続いては、中継ぎメンバーの予想です。

上記の先発陣に何かあった際の代理や、ロングリリーフとして起用される投手についても、こちらの中継ぎとしてリストアップしています。

侍ジャパン2017の中継ぎ投手予想

原樹里(ヤクルト)

釜田佳直(楽天)

多和田真三郎(西武)

石田健大(横浜)

小笠原慎之介(中日)

黒木優太(オリックス)

髙橋光成(西武)

砂田毅樹(横浜)

石川直也(日本ハム)

候補はこの辺りでしょうか。

24歳以下ということだけを考えるならば、楽天の松井裕樹投手がいますが、彼は既にフル代表入りしているということもあって、選出はされないでしょう。

となると、先発で球の勢いのある投手や、中継ぎで活躍している投手に集中することとなります。

このメンバーだと、抑えがいない!という事態になってしまいますが、そもそも12球団の抑えは

松井裕樹投手以外、24歳以下はいない

という状態なので、どうにもなりません…。

また、年齢こそ25歳ですが、まだ3年目なので、広島の薮田和樹投手も候補に入るかもしれませんね。

捕手

続いては、扇の要である捕手についてです。

若手の捕手というのが少ないだけに、もしかすると、オーバーエイジ枠で捕手を入れる可能性も十分考えられますね。

しかし、ひとまずは代表の条件である年齢制限の中から、メンバーを選んでみたいと思います。

侍ジャパン2017の捕手予想

田村龍弘(ロッテ)

高城俊人(横浜)

甲斐拓也(ソフトバンク)

24歳以下の選手ということであれば、おそらくこの3人になりそうですね。

捕手登録の日本ハム・近藤健介選手は、2017年は外野手での出場が多かったですし、そもそも怪我で手術、さらにリハビリがあるのでまず出場は不可能。

ということで、この3人を予想した次第です。

ただ、高城俊人選手が選ばれるよりは、同じ横浜の戸柱恭孝選手の方が選ばれる可能性があるかもしれません。

戸柱恭孝選手は年齢こそ27歳ですが、まだ2年目なので、出場条件の3年目未満を満たしています。

ただでさえ計算できる正捕手クラスが田村龍弘選手しかいないだけに、ここで戸柱恭孝選手を選出するという可能性は、十分にあり得そうだなと思いました。

内野手

続いては、内野手です。

とりあえず、ここでは人数制限を無視し、各ポジションで候補となりそうな選手をピックアップしてみますね。

侍ジャパン2017の内野手予想

ファースト:中谷将大(阪神)

セカンド:京田陽太(中日)

ショート:茂木栄五郎(楽天)

サード:大山悠輔(阪神)

阪神率が高い!

と言われても仕方ないですね。

しかし、正直なところ…

24歳以下となると、優秀な内野手がショートに集中しすぎて、ファースト、セカンド、サードが全くいない

のです。

ファーストで中谷将大選手を選んだのは、ファースト候補が1人もいなかったため、コンバートでファーストを守ったことのあるというだけで選ぶ、まさに苦肉の策でした。

ショートの茂木栄五郎選手は現在、まだ怪我の影響で守備ができない状態…

茂木栄五郎選手の怪我次第では、DHに回る、もしくは出場辞退もありえます。

そうなると、いずれにしても、源田壮亮選手(西武)が入ってくることとなるでしょう。

ちなみに、中日ではショート出場のみの京田陽太選手ですが、セカンドも守ることができるので、他の候補が北條史也選手しかいない現状を考えれば、セカンド起用でしょうね。

また、茂木栄五郎選手が完治し、守備を満足に行えるようになったのならば、彼をサードにするという手もあるでしょうね。

その場合は、

  • セカンド:京田陽太選手
  • ショート:源田壮亮選手
  • サード:茂木栄五郎選手

というかたちで、スタメンを組むことは可能になりますし…。

また、ファーストですが、プロに限らなければ、これは半ば博打に近くなるものの…

清宮幸太郎選手(早実)をファーストとして起用する

という策も、あるにはあるでしょうね。

外野手

最後に外野手です。

外野手は、フル代表の例にならい、2人ずつの合計6人を予想します。

侍ジャパン2017の外野手予想

桑原将志(横浜)

上林誠知(ソフトバンク)

吉田正尚(オリックス)

乙坂智(横浜)

高山俊(阪神)

駿太(オリックス)

この6人を選んでみました。

外野手で24歳以下というと、広島の4番・鈴木誠也選手が真っ先に浮かぶでしょうし、4番候補となりそうですが…。

先ほども触れた通り、あくまで『フル代表経験がない選手』を選んでいます。

そのため、2017年のWBCに出場した鈴木誠也選手は今回は除外しました。

1 2 3 4
ページトップへ