渡辺直美の体重と身長はいくつ?過去から現在までの変化がヤバイ!

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺直美

ただ、

5年で30kg太り、その後もダイエット・リバウンドを繰り返し、結局気づいたら100kg目前まで来ていた

というのですから、びっくりな話。

というか、一時期は体重100kgの大台に乗っていたこともあったそうです。

 

筆者は、初めて渡辺直美さんの60kg以下の頃があった話、デビュー当初の70kgという話も含めて半信半疑だったくらいです。

それだけ彼女の過去は全くの別人だろうと感じさせられます。

とはいえ、157cmの女性が体重60kg台だったら、若干太り気味か普通レベル。

むしろこれくらいの体型でなければ、健康とはいえませんね。

 

渡辺直美の体重の変化がヤバイ!!

先程からお話しているとおり、渡辺直美さんは、デビュー当初、

体重70kgだったにもかかわらず、2009年には90kgまで増量!

それ以降もダイエット・リバウンドを繰り返し、気がつけば現在の体重95kgと、90kg~100kgを推移しながらキープしているのです。

とはいえ、これは年間のマックスの体重の話。

一時期はダイエット企画でデビュー当初の70kgまでダイエットした話もあったのです。

瞬間的にダイエットに成功して、瞬く間に激太りする生活を繰り返しているようにも見えます。

これって、『ただ太っている』だけよりも身体には非常に危険な話なんです。

ダイエットするにしても激太りするにしても、身体にかなり負荷がかかっています。

一つ間違えば、心筋梗塞などの大病に患ったり、糖尿病に掛かりやすくなるリスクを背負っていることになります。

 

実は、俳優・鈴木亮平さんが、役作りで、

急激に太ってみたり、ガリガリに痩せてみたりしているのも実に危険な話

ということで、過去に記事にしたことがあります。

[st-card id=13684]

渡辺直美さんは、それと同じことをやっています。

鈴木亮平さんのケースでは、ダイエットのやり方も含めて、医師が警鐘を鳴らしていた程です。

 

それと同じと捉えるなら、渡辺直美さんも健康的には、ヤバイ状況にあるといえるでしょう。

もちろん、彼女の場合まだ20代です。

心筋梗塞や糖尿病などにかかるリスクも、それほど高くはないと思います。

しかし、これから30代、40代になると年齢的な問題もあって、確実に病気にかかってしまうリスクは高まります。

 

実際に、渡辺直美さんに似たようなぽっちゃり体型のタレント松村邦洋さんが、

東京マラソンで、心肺停止に陥ってしまい

幸いAEDを使って、周りの人が救助してくれたため、命を取り留めることができましたが、あと少し救助が遅かったら確実に亡くなっていたでしょう。

渡辺直美さんも、激しくダンスすることも多く、あの体型ですから身体に掛かる負荷は半端ないでしょう。

一つ間違えば、松村邦洋さんと同じ窮地に陥るかもしれません。

 

ちなみに、渡辺直美さんは番組の企画で、2013年に人間ドックを受けたことがあるそうです。

その際に、

体脂肪率が57%

で、血液がドロドロになっているために、心筋梗塞・脳卒中の危険があると警告されていたようです。

まだ20代である渡辺直美さんが、医師からそこまで警鐘を鳴らされているのは、かなりやばい状況と受け取れます。

あれから4年経った現在も状況が変わっていないのであれば、蓄積した身体への負荷で病気に…なんてこともあるかもしれません。

 

このように渡辺直美さんの過去から現在の体型や、急激なダイエット・リバウンドによる身体の負荷は、楽観視できるものではないのです。

多少時間をかけても、まずは80k台までダイエットし、その体重をキープできるようになって欲しいですね。

 

まとめ

現在、身長157cm、体重95kgのタレント渡辺直美さん。

1 2 3 4
ページトップへ