ブラック企業の会社を調べる・調査する方法を紹介!内容が酷い…

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


就職は人生における一区切りでもあり、また最大のイベントの一つでもあります。

とくに学校を卒業して初めての就職は、その人の後の人生を決めてしまうかもしれないくらい大事ですね。

その就職先がもし、とんでもなく酷い企業であったら、その人の人生は真っ暗闇となってしまいます。

昨今『ブラック企業』という言葉をよく聞きますね。

ブラック企業とは、そのとんでもなく酷い企業・会社のことを指しますが、ではブラック企業とは具体的にどんな企業なのでしょうか。

今回は、ブラック企業の会社を調べる方法の紹介し、どれほどその内容が酷いのかも、あわせて見ていきましょう。

[adsense]

ブラック企業とはどんな企業?

まず、ブラック企業とは具体的にどんな企業・会社なのでしょうか。

ブラック企業の定義としては、

  • 暴◯団その他の反社会的組織の企業、あるいはそれにつながりのある企業で、違法行為を常時行う企業
  • 過重労働や違法労働、あるいは各種ハラスメントなどによる、使い捨て的労働をさせる企業

などがあります。

昨今問題になっているブラック企業は、主として後者の方でしょう。

そのブラック企業の具体例としては、

  • 法令や常識を越えた長時間の過酷な労働
  • パワハラやセクハラなどのハラスメント行為の常態化
  • 雇用保障や企業福祉はなきに等しい
  • 低賃金
  • 残業代や休日出勤などの賃金を支払わない
  • 短期間での離職率が高い

などの例があります。

これらの例の全て、あるいは一部でも該当する企業・会社が、ブラック企業なのです。

このようなブラック企業は日本だけではなく、海外でも

  • スウェットショップ(英語圏の諸国)
  • 血汗工場(中国語圏の諸国)

などと呼ばれる企業があるそうですよ。

1 2 3 4
ページトップへ