ブラック企業の会社を調べる・調査する方法を紹介!内容が酷い…

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国での『血汗工場(血と汗の工場)』というのは、さすがに漢字の国だけあり、酷い雰囲気がよく出ていますね。

ただ、英語圏や中国の場合は、主として非正規社員、つまりアルバイトなどの状況を指しているようです。

しかし、日本のブラック企業では、正社員でも上の例にあてはまる扱いを受けています。

 

ブラック企業かどうか調べる方法は?

それでは、これから就職する予定の企業や、就職を考えている企業が、ブラック企業かどうかを調べる方法はあるのでしょうか?

 

これは確実とは言えないにしても、ある程度ブラック企業かどうかを見分ける方法はあります。

まずは、当たり前ですが就職を考えている企業・会社を調べるべきでしょう。

幸い現代では『ネット検索』などという、強力な(しかし情報が正確であるかは?)手段があります。

また、もしその企業に友人知人あるいは先輩がいれば、その人に聞くのも有効です。

以下に、ブラック企業であるかを調べるべき情報を掲載しましょう。

  1. 雇用契約に不審な所が多い
  2. 長時間の労働
  3. 休日が少ない
  4. 低賃金
  5. 残業代はなし
  6. 簡単に入社できる
  7. 社員の入れ替わりが激しい(すぐ辞めていく)
  8. パワハラ・セクハラなどのハラスメントが多い
  9. 社員などからは精神論がよく出てくる
  10. 社員の見た目に不審感がある

これらの中でとくに重要なのは、1、2、7、10でしょう。

社員がすぐ辞めて行くのは、その会社には在籍したくないことになります。

まさにブラック企業の代表ですね。

雇用契約に不審な所が多いのは、たとえば

  • 管理職には残業代なし(管理職の定義はあいまいまたはなし)
  • 残業代は給料に含まれる
  • 1日10時間労働

などの項目がある場合です。

1 2 3 4
ページトップへ