お酒(ビール等)の飲み過ぎによる病気・健康被害がヤバすぎる!

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


夏の暑い盛りに飲む、キンキンに冷やした冷たいビール。

これは格別おいしいですよね。

想像しただけで、『ゴクッ』と喉が鳴ってしまいます。

でも、ビールに限らずお酒の飲み過ぎには、

  • カロリー過多によるメタボ(肥満)
  • 糖尿病や脂肪肝などの病気や健康被害

などがついて回ります。

ならば、肥満せず病気にもならない、お酒の飲み方や、お酒の種類はあるものでしょうか。

また、健康被害を予防するおつまみ(食べ物)などは、あるのでしょうか。

そこで今回は、お酒(ビール等)の飲み過ぎによる病気の恐ろしさや、それを防ぐ飲み方やお酒の種類、健康に良いおつまみなどを紹介していきましょう。

[adsense]

お酒(ビール等)の飲み過ぎによる病気・健康被害

次に紹介するのは、お酒(ビール等)の飲み過ぎによる病気や健康被害の代表例です。

お酒(ビール等)の飲み過ぎによる病気や健康被害

消化器系の病気

  • 脂肪肝
  • 肝硬変
  • 肝臓癌
  • すい炎

循環器系の病気

  • 心筋梗塞
  • 心不全
  • 高血圧
  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 不整脈
  • 末梢血管障害

生活習慣病病

  • メタボリックシンドローム(脂質異常症、高血糖)
  • 糖尿病
  • 痛風

神経・筋肉系の病気

  • アルコール性末梢神経障害
  • ウェルニッケ脳症
  • 眼振
  • 失調性歩行
  • アルコール性小脳失調症

もちろん、お酒を飲んだからといって、全ての人が直ちに病気になるわけではありません。

ある程度の期間内に、ある程度以上の量のお酒を飲み続けていると、

このような病気にかかる確率が高くなる

ということですね。

それでは、これらの中から代表的な健康被害を見てみましょう。

メタボ

代表的なメタボリックシンドロームですが、要するに肥満です。

1 2 3 4
ページトップへ