セブンイレブンの唐揚げの原材料は何?健康や病気リスクを考察!

グルメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近のことですが、セブンイレブンなどのコンビニで売られている、唐揚げの原材料が危険と言われています。

2014年7月には、中国産の賞味期限切れの鶏肉が、ファーストフード店で使用されていて、大問題になったことがありましたね。

賞味期限切れの鶏肉

を使った中国の上海福喜食品のチキン製品は、6000トンも日本に輸入され、

日本マクドナルドやファミリーマートで販売されていた

という事件です。

今回話題になっている、セブンイレブンなどのコンビニの唐揚げは、そのような最初から不良製品であったこととは違います。

原材料である鶏肉そのものに危険性があるというのです。

そこで今回は、セブンイレブンなどの唐揚げの原材料と生産国、それによる健康や病気リスクなどを考察します!

[adsense]

セブンイレブンの唐揚げの原材料と生産国

セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどの大手コンビニは、いずれも

ブラジル産

の鶏肉を原材料として使用しています。

また、中国産については、多くの大手コンビニでは

使用している、もしくは使用の可能性あり

としているのです。

あるサイトで大手コンビニ各社に電話取材した際のQ&Aがありました。

その中のセブンイレブンの話を紹介しましょう。

鶏肉の原産地について

Q 店頭販売のチキン商品の原産地はどこですか?

A タイ産とかブラジル産が多いです。

Q 中国産はどうですか?

A 詳細は今の段階では出していないんですよ。

Q 中国産があるのかないのか、という点だけでも答えられませんか?

A 一部ということであれば、使われている可能性はあると思うんですね。

ただ、どの商品に使われているのかという個別の商品となると、そこまでの情報は今、手元にないのです。

1 2 3 4
ページトップへ