海外(外国)のお米おいしいランキング!日本産との違いとは?

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


一昔前までは、海外(外国)のお米は、まずい米の代表格でした。

パサパサでふっくらしていないし、日本産のお米のように噛めば噛むほど、うまみが出てくることもありません。

『砂を噛むような』

という表現があてはまるようなお米でした。

しかし、最近はどうやらその頃とは、だいぶ様変わりしているようなのです。

海外(外国)のお米でも日本産のお米と変わらぬ、あるいはそれを上回るおいしいお米があるようなのです。

では、その海外(外国)のお米はどうしておいしくなったのか?

日本産のお米との違いはなにか?

また、海外(外国)のおいしいお米と、日本産のおいしいお米のランキングなど、最近のお米のお話をしていきましょう。

[adsense]

お米の違い

ではまず、お米の味の違いを見てみましょう。

世界のお米は、大別して4つほどの種類があります。

  • ジャポニカ米
  • インディカ米
  • ジャバニカ米
  • 古代米

の4種です。

それぞれに味(風味)も違い、調理方法も異なります。

世界のお米の種類

ジャポニカ米 日本型

学名:オリザ・サティバ・サブスペシース・ジャポニカ

『日本型』と呼ばれ、これが日本でもっぱら栽培されているお米です。

形は、丸みを帯びた楕円形で、『炊く』ことにより粘り気が出てふっくらするのが最大の特徴です。

また、あまみ(うまみ)のある味わいで、そのあたりが日本人に好まれるのでしょう。

温暖で雨の多い気候が適していて、日本や朝鮮半島、中国の北部などで栽培されています。

生産量の割合は、世界の各種お米の約20%程度です。

調理法は、炊く、蒸すなど。

インディカ米 インド型

学名:オリザ・サティバ・サブスペシース・インディカ

ジャポニカ米と比べ、細長い形をしていて、加熱しても粘り気の少ないパサパサした感じのお米です。

そのため、輸入され始めた当初は、

「パサパサしていてまずい!」

と不評でした。

これは一つには調理法の問題で、普通の日本のお米のように炊いて食べたため、余計うるおいのないパサパサのお米になってしまったことが挙げられます。

食べ方は、『煮る』が大半のようです。

高温多湿な地域で主に栽培されていて、インド・タイ・ベトナム・北部以外の中国・アメリカ大陸が主です。

日本人にとっては意外かも知れませんが、このインディカ米は世界の米生産の大半を占めています。

インディカ米には、『浮き稲』という変わったお米があるそうです。

水田の水の量が増えて水位が上がると、稲も丈が伸びるため、この稲を水上から見ると水上に浮いているように見えるのです。

それで『浮き稲』と言われるようになったとのこと。

これは、タイやバングラデシュなど、東南アジアで雨量が多い土地で作られています。

ジャバニカ米 ジャワ型

学名:オリザ・サティバ・サブスペシース・ジャバニカ

ややふっくらしたジャポニカ米とインディカ米の中間のような形をしています。

生産地は名前の由来でもあるジャワ島や、インドネシアなど、そしてイタリア、スペインが主です。

イタリアなどでは、パエリヤやリゾットに使われているそうです。

ただし、生産量はかなり少ない部類です。

味は比較的あっさりした味で、加熱すると少し粘り気が出ます。

この点もジャポニカ米とインディカ米の中間ですね。

古代米 野生種

古代米は、古代の原種米の特徴を残した野生種の米です。

外見は現在の米のような白い色ではなく、赤や黒という変わった色となっています。

古代米の特徴は、生命力が強く過酷な環境でも育つことです。

ただし、収穫量が現代の米の半分以下と少ないのが難点。

またこの古代米は、たんぱく質・ミネラルなど栄養豊富で、タンニンを含んだ赤米、紫の色素アントシアニンを含んだ黒米などがあります。

この古代米は栄養価の高さから、最近注目され始めています。

以上が、世界のお米の種類です。

1 2 3
ページトップへ