藤浪晋太郎のイップス疑惑と大瀬良大地の神対応を考察

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


阪神タイガースの藤浪晋太郎投手は、2016年後半あたりから不調を感じさせてはいたのですが、2017年に、明らかにおかしくなってしまいました。

あまりのひどさに、

「イップスでは?」

との声も…。

とくにひどかったのは、一度抹消された後、1軍に上がってきて先発登板した8月16日でした。

この試合では、2つもデッドボールを与えてしまう、しかもその2つともがすっぽ抜けなど散々な有様…。

また、そのうちの1つは、相手の先発投手である大瀬良大地投手へのデッドボール。

この際の大瀬良大地投手の”神対応”も話題となっています。

そこで、当記事では、藤浪晋太郎投手のイップスの真相、そして、デッドボールの際の大瀬良大地投手の神対応についてお話していきましょう。

[adsense]

阪神・藤浪晋太郎が絶不調に…

2017年の藤浪晋太郎投手は、2013年から2015年まで、3年連続2桁勝利を記録したあの姿はどこへやら、今ではかなりコントロールに苦しんでいます。

2016年頃から制球難自体がひどくなっているように思えたのですが、2017年は制球難があまりにも顕著に見られるように…。

荒れ球とかそういうレベルではなく、完全なるすっぽ抜けが多く、まるで今までのボールの握り方を忘れてしまっているかのような…。

それくらい、別人に豹変してしまっていました。

前半戦は7試合に登板し、平均投球回が6回程度で36四死球を出してしまうなど、1イニングに1個は四死球を出しているというコントロール難。

そして2017年5月に2軍落ちとなり、調整を余儀なくされることとなりました。

そして、久しぶりに1軍に昇格し、先発として登板した2017年8月16日。

この日こそが、現在の藤浪晋太郎投手が、

1 2 3 4
ページトップへ