僕のワンダフルライフ(映画)のストーリーあらすじと結末ネタバレ!

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
僕のワンダフルライフ

この映画の主人公は、ゴールデンレトリーバーのベイリー。

彼はあることをきっかけに、自分の命を救ってくれた少年イーサンのペットとして飼われることになります。

それぞれにとって、かけがえのない家族のような存在となっていくように、次第と絆が深まっていきます。

そして、先に亡くなってしまうベイリーは、来世もイーサンのもとで暮らしたいと熱望し、3度も生まれ変わってようやくイーサンと再会します。

普通だったら、生まれ変わってまたイーサンのペットになりたいと思うかどうか…。

そもそも犬のままなら、たとえ心が通じ合えたとしても、言葉を喋ることができないわけです。

色々不都合だってあるでしょうし、そこまで大切な人なら、人間として生まれ変わりたいと考えるのではないでしょうか。

ところが、ベイリーは再びイーサンのペット(犬)として生まれ変わることを熱望していたのです。

筆者のように歪んだ考え方をしている人は、そこで、

『なぜ次は恋人として生まれ変わりたいと思わないのか?』

と考えてしまうのです。

それだけに、他人には計り知れないような、ベイリーとイーサンだけの特別な絆がそこにあると、感じさせられるわけです。

そして、ラストでは

ベイリーがなぜ生まれ変わってでもイーサンのペットにならなければならなかったのか

その重要な使命が判明します。

果たしてその使命とは一体何だったのか。

人間と犬との絆の物語として、映画『僕のワンダフル・ライフ』で描かれていきます。

だからこそ、

「ペットロス症候群にかかってしまうような人たちは、涙なしでは見られない映画」

と、大評判となっているのです。

 

 

映画『僕のワンダフル・ライフ』のストーリーあらすじ

僕のワンダフルライフ

1 2 3 4
ページトップへ