僕のワンダフルライフ(映画)のストーリーあらすじと結末ネタバレ!

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
僕のワンダフルライフ

そんな中、イーサンの家族に引き取られ、幼き頃のイーサンと共に愛情を受けながら育っていくベイリー。

そんなベイリーに与えられた使命とは、ズバリ!

『ペットの忠犬としてのつとめを果すこと』

だったのです。

つまり、ペットという立場で

イーサンを支え、守り続けていくことがベイリーの最大の使命

であり、途中で寿命が尽きて、その使命が果たせない時には、再びその役目を果たすために、

生まれ変わりながら再びイーサンと出会う

というのが、ベイリーの最大のミッションなのです。

この内容が、ストーリー結末として描かれていきながら、ベイリーのイーサンへの想いと、一緒にいることへのこだわりが描かれていきます。

まさに、愛がいっぱい溢れている素晴らしい映画なのです。

 

まとめ

名作映画『忠犬ハチ公』で、ハチが主人の帰りを待ち続けて最後を迎えたように、忠犬としての役目を遂げるため、そして、何よりも飼い主であるイーサンへの愛を貫くため。

ゴールデンレトリーバーのベイリーは、何度も生まれ変わっていく…。

そんな愛に溢れた映画作品として描かれる『僕のワンダフル・ライフ』。

別の犬へと変わり果てた姿になりつつも、イーサンへの愛は変わらなかったベイリー。

彼がどのような再会を果たし、イーサンへの愛を貫いていくのか、その全貌がこの映画『僕のワンダフル・ライフ』で明らかにされていきます。

そんな涙なしでは観られない映画として、ぜひ観てみてくださいね。

1 2 3 4
ページトップへ