妖怪惑星クラリスで個人メールアドレス大流出!運営会社の責任は?

ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベータ版を見た感じ、

  • ワールド形式でサーバーを分けている
  • フィールド内を移動するシステム
  • チャット部分
  • クエストクリア後にカウントダウンがある

などは、

完全に『剣と魔法のログレス』のパクリ

としか思えない、ログレスプレイヤーならば、すぐに順応できる操作スタイルになっていました。

また、戦闘システムも、

『画面の下の方に表示される召喚石をタップして、それで攻撃する』

これも使う武器を選んで戦う『ログレス』のパクリです。

筆者としては、この『妖怪惑星クラリス』について、『剣と魔法のログレス』のパクリゲームという認識となりました。

いずれにしても、操作性はかなり悪く、内容も意味不明。

ベータ版とはいえ、かなり操作するのに重かったため、間違いなくクソゲーと言えるでしょう。

ちなみに、ストーリーは、

3017年、惑星クラリスに移住している大勢の人たちは、DNA変異ウイルスに感染され、化け物になってしまった。

不思議な力も身につけた。

なぜ?!昔から封印された悪軍団は目覚めてしまった。

突然変異した人間たちは地球の人に妖怪だと呼ばれ、もう戻れなくなってしまった。

それで、惑星クラリスの未来を守るために悪軍団との新たな戦いが幕を開ける!

とのことですが…。

見ての通り、唐突に文脈のない文章が登場したり、公式サイトでは、

『事前登録 2キャンペン』

となっていたり。

公式Twitterも若干日本語が怪しかったり。

どう考えても日本の会社が作っているものではないと想像がつきます。

悪軍団って、いや、何ですかそれ…。

ひどいネーミングですよね。

それもそのはず。

この『妖怪惑星クラリス』を提供・運営しているkola entertainmentは、韓国の企業なのです。

1 2 3 4
ページトップへ