トリガール(実写映画)のストーリーあらすじと原作結末ネタバレ!

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
土屋太鳳


『空を飛びたい!!』

それは人間が太古から持っていた憧れであり、その夢をライト兄弟が飛行機開発として叶えたわけです。

この夢は、今の時代にも受け継がれ、『鳥人間コンテスト』という人力飛行で実現されていますよね。

映画『トリガール』はそんな空を飛びたいと憧れる若者たちの果敢な挑戦が描かれた映画作品となっています。

では、具体的にどんなストーリー内容が描かれているのか。

本記事で映画『トリガール』のストーリーあらすじと結末ネタバレを中心に、見どころを紹介していきたいと思います。

[adsense]

鳥人間コンテストがモデルの映画『トリガール』

みなさんは鳥人間コンテストを知っているでしょうか?

元々読売テレビ(日テレ)系で放送されていた、バラエティ番組『びっくり日本新記録』の中の一つの企画として放送されていたものです。

それが、『人間が空を飛ぶ』という昔からの憧れを実現しているところが面白いと、単独企画として放送されることとなった番組です。

この鳥人間コンテストでは、琵琶湖を舞台に、

  • 滑走部門
  • プロペラ部門

に分かれて、滑走時間・距離を競ってしのぎを削ります。

飛行機ファンにはたまらないドキュメンタリー番組であり、挑戦者たちのチャレンジスピリッツも見られる感動番組でもあります。

 

『人間が鳥のように自由に空を飛びたい』

と憧れたのは、はるか昔、ライト兄弟が誕生した頃まで遡ります。

彼らは空を飛ぶことに憧れ、人力飛行機を発明し、やがて今当たり前のように空の上を飛んでいる飛行機の開発に携わっていくわけです。

そして、人類初の大西洋単独無着陸飛行に成功させたのが、スピリットオブセントルイス号によるチャールズ・リンドバーグです。

1 2 3 4
ページトップへ