麻生太郎のヒトラー発言の真相!大手メディアの記事は嘘ばかり?

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


著名人の発言を、一部分だけ切り取り、さも炎上するようなことを言っていると捏造して報道する…。

これが、『マスゴミ』と揶揄されるものの常套手段です。

そんなマスゴミお得意の捏造報道が、またもありましたね。

麻生太郎副総理兼財務大臣が、

「ヒトラーはいくら動機が正しくてもダメだ」

というヒトラーを支持するような発言をしたという内容。

実はこの発言、全体を読み取れば、ヒトラー支持どころか、全然関係のない発言だったことがわかるのです。

当記事では、マスゴミによって勝手に問題にされてしまった麻生太郎副総理のヒトラー発言の真相を暴きます。

[adsense]

麻生太郎のヒトラー発言とは?

マスコミ…ではなく、マスゴミは、

発言の一部を切り取ったり揚げ足取りをして、全くデタラメの発言を作り上げる

という捏造報道をよくおこないます。

このような捏造ばかりして、

『よく名誉棄損で訴えられないな』

と驚くばかり…。

中でも、自民党系議員の発言をよく捏造するマスゴミの1つに、時事通信社があります。

この時事通信社、過去には大西議員の発言を捏造したり、菅官房長官の発言を捏造して炎上したことがあります。

そしてあろうことか、左翼の人間は、こういった捏造記事をソースにして政権批判という、デマに踊らされて騒ぎ立てる滑稽な姿を見せる…。

これが風物詩となりつつあります。

このように、政治家の発言の捏造の常習犯であるマスゴミなのですが、なんと、またもや発言の捏造をやらかしたのです。

その時事通信社の捏造記事というのが、

「ヒトラー、動機正しくても駄目」=麻生氏が再び問題発言

という記事。

この記事によれば、麻生太郎副総理は、自民党麻生派の研修会において、

「(政治は)結果が大事だ。何百万人の命を奪ったヒトラーは、やっぱりいくら動機が正しくても駄目だ」

1 2 3 4
ページトップへ