麻生太郎のヒトラー発言の真相!大手メディアの記事は嘘ばかり?

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これに、

「ナチス・ドイツによる多くのユダヤ人の命を奪った動機は正しいと擁護したとも受け取れる発言で、野党などから批判が上がりそうだ」

というような見解を示したのが事の発端です。

これに釣られるように、その他の大手メディアも、

「麻生氏がヒトラーの動機が正しくてもダメだと言っていた」

とだけ報道。

まるで、ヒトラーのユダヤ人に対する政策への動機が正しかったかのような発言をした旨の報道をしていたのです。

ここで、鵜呑みにして、メディアが正しいと信じ込み、

「問題発言だ!」

と批判するわけですね。

では、この麻生太郎副総理の発言の真相は、一体どういうものだったのでしょうか?

捏造をしなかったメディアもちゃんと存在しているので、その真相をチェックしていきましょう。

 

麻生太郎のヒトラー発言の真相!メディア報道はデマ?

実は、麻生太郎副総理のヒトラー発言については、

政治家の在り方を語ったものであり、ヒトラーを評価した発言ではない

ということが明らかになっています。

というか、麻生太郎副総理の発言を、どう聞いたらヒトラー評価と解釈できるのか、理解できません。

これから紹介する文章をみてもらえれば、マスゴミが読解力皆無ではないかと思います。

このような捏造をして記者が務まるなら、筆者でも記者ができるような気さえしてきますね。

おそらく、時事通信社の記者は、現代文ができない人物なのではないかと推測します。

 

では、実際の麻生太郎副総理の発言について紹介していきますね。

麻生太郎副総理の発言は、実際には、

政治家になろうとした動機は、私は問わないが、結果が大事だ。

いくら動機が正しくとも、何百万人の命を奪ったヒトラーはダメだ。

1 2 3 4
ページトップへ