正社員の低年収ランキング上位の会社がブラック企業ではない理由

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブラック企業


皆さんは、ブラック企業というと、どんなイメージを持ちますか?

単純に、年収が低い企業のことでしょうか?

ちなみに、2017年1月に発表された、正社員の平均年収ワースト1位は、警備会社のトスネットです。

なんと、その平均年収は252万円!

これではアルバイトや派遣社員と同じレベルなのでは?と思いますが…。

しかし、

「トスネットはブラック企業だ!」

などの噂はあまり聞きません。

はたして、これらの企業の実態は一体どうなっているのでしょうか?

当記事では、平均年収ワーストNo.1となってしまったトスネットの実態とともに、ブラック企業とは何たるかを、改めて説明したいと思います。

[adsense]

正社員の平均年収300万円以下!薄給の会社の実態

お金

さて、すごくざっくりした見方をしてしまうと、平均年収が少ない薄給の会社は、ブラック企業にあたるのではないか?

この辺りは、とても気になるところですよね。

それを調べるために、2017年1月に発表された、平均年収ワースト20社の一覧を見てみましょう。

平均年収ワーストランキング

1位:トスネット

2位:アクシーズ

3位:ショクブン

4位:日本マニュファクチャリングサービス

5位:マルコ

6位:日本ハウズイング、キャリアバンク、平山

9位:北日本紡績

10位:井筒屋

11位:シベール

12位:アウトソーシング

13位:田谷

14位:太平洋興発、かんなん

この中でも、薄給企業ワースト1位となってしまったトスネットの平均年収が

252万円

ということは先ほど述べました。

月給にすると、20万をギリギリ越えている程度、ということになります。

これは大卒の初任給に近い数字ですし、どう考えても低いと言わざるを得ませんよね。

1 2 3
ページトップへ