レイシャルハラスメントとは?その意味と該当する言葉を考察!

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


つい先日のことですが、大新聞のデジタル版に、こんな記事がありました。

『大学講師が「韓国は恥ずかしい国」恐怖感じたレイハラ』

これだけだと、なんのことかわからない人も多いかと思います。

これを日本語に訳しますと、

ある大学の講師が、「韓国は恥ずかしい国」と発言した。

記事の作者は非常に恐怖を感じた。

これはレイシャルハラスメントではないか。

となります。

今回は、その大学講師の「韓国は恥ずかしい国」発言とはどのような発言なのか。

また、レイシャルハラスメントとはなにか、その意味とそれに該当する言葉などを調べて見ました。

[adsense]

レイシャルハラスメントとは?

レイシャルハラスメントとは、特定の人種、民族、国籍に関する、人種的偏見に基づく嫌がらせ一般のことを指します。

英語では

racial harassment

となります。

具体的な例としては、侮蔑的発言やネットでの書き込みなどですね。

「**(人種・国籍などの蔑称)出てけ!」

「**(人種・国籍などの蔑称)はブタ以下!」

といった言葉です。

世界のニュースなど見ますと、およそこの種類の事件が起こらない国はないと思われるほど、ほとんどの国で起こっていますね。

そこで今回の事件です。

大学講師が「韓国は恥ずかしい国」恐怖感じたレイハラ

1 2 3 4
ページトップへ