レイシャルハラスメントとは?その意味と該当する言葉を考察!

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


これが前者であれば、韓国出身者がいる場所で、この発言は、相手への配慮にかけていたと言われてもやむをえないでしょう。

それでも、

「強い恐怖を感じ、教室にいてはいけないような気がした」

というのは、不思議に感じます。

あくまで国に対する批判であり、「お前は出て行け」と言われたわけではありません。

『不愉快に感じた』ということなら、それはわかりますし、当然のことだと思います。

日本人が海外で、

「ジャッ○出て行け」

と言われれば、不快に思うでしょう。

しかし、さすがに恐怖までは…。

これはやはり、朝日得意の煽り記事だと感じるところです。

特定の政治的立場から、一般的な状況を一刀両断に切り捨ててしまうような。

この記事に対するネットの声を紹介しましょう。

「韓国は近代国家ではない」

これは事実だな。

朝鮮名を名乗っている朝鮮人の日本名を、どうやって知ったんだ?

朝鮮名を名乗っている朝鮮人を、どうして日本人と間違えたんだ?

考えられるのは、

A:この朝鮮人が嘘吐いた

B:朝日新聞が嘘吐いた

の二通りなんだけれど、どっちも嘘吐きだからなあ…。

暴力事件主導者崇拝集団は誰だって怖い。

教室にいてはいけないような気がして涙がとまらなくなった

そんなに嫌なら部屋から出ればいいのに。

自国の破壊を主張した団体を放置する国が、日本以外にあるのか?

非常勤講師「日本は恥ずかしい国。日本は近代国家ではない」

在日コリアン3世女性「そうだよwジャップw」

非常勤講師「韓国は恥ずかしい国。韓国は近代国家ではない」

在日コリアン3世女性「レイシャルハラスメントニダ!!」

まあ、この種の発言をするのは、いわゆるネトウヨが多いので、割引して読む必要はありますね。

 

ハラスメントはこんなにある!

今回のレイシャルハラスメントという、聞き慣れないハラスメントについて書いている内に、ハラスメントにはやたら種類が多いことに気がつきました。

そのハラスメント一覧です。(50音順)

  • アカデミック・ハラスメント/スクール・ハラスメント
  • アルコール・ハラスメント
  • エアー・ハラスメント
  • 家事ハラスメント
  • キャンパス・ハラスメント
  • ジェンダー・ハラスメント
  • スメル・ハラスメント
  • セクシャル・ハラスメント
  • ソーシャルメディア・ハラスメント
  • テクノロジー・ハラスメント
  • ドクター・ハラスメント
  • パワー・ハラスメント
  • ペイシェント・ハラスメント
  • マタニティ・ハラスメント
  • マリッジ・ハラスメント
  • モラル・ハラスメント
  • リストラ・ハラスメント
  • レイシャル・ハラスメント
  • レリジャス・ハラスメント

中には一読しただけでは、なんのハラスメントなのか、まるでわからないハラスメントもあります。

そこで、わかりにくそうなハラスメントを簡単に説明してみましょう。

エアー・ハラスメント(エアハラ)

これは場の雰囲気を極端に悪くすることだそうですよ。

家事ハラスメント(カジハラ)

家庭内で起こる主婦が働き手に対する嫌がらせです。

ソーシャルメディア・ハラスメント(ソーハラ)

SNSなどでの職場関係による嫌がらせということです。

モラル・ハラスメント(モラハラ)

個人の常識や社会的モラルを、意志に反して強要することです。

レリジャス・ハラスメント(レリハラ)

宗教団体やその関係者から受ける嫌がらせのことだそうですよ。

 

ハラスメントにも色々とあるもんだなぁ…と感心するやら呆れるやらです。

 

レイシストをしばき隊

朝日の記事にある、

レイシャルハラスメント反対のNPO

とは、具体的にどの団体を指しているのかは不明です。

ただ、反レイシャルハラスメントの団体で有名どころに

『レイシストをしばき隊』

という団体があります。

これは一種のプロ市民集団で、その目的はネトウヨなど在日朝鮮人および韓国人らを差別する勢力への対抗集団です。

その主なターゲットは、

『在特会(在日特権を許さない市民の会)』

などの、反朝鮮人団体。

ここで問題なのは、構成員にはよからぬ人物が多数いるようで、数々の不祥事件を引き起こしています。

  • デモ隊に自転車で突っ込み、在特会会員の21歳の男性に体当たり、現行犯逮捕
  • Facebookにおける個人情報の無断公開
  • しばき隊リンチ事件
  • 沖縄高江ヘリパッド工事の妨害活動による傷害事件

これらの蛮行を繰り返した挙げ句、不渡り事件を引き起こし、2013年9月30日に解散しています。

その後はC.R.A.C(クラック)と名前を変えて現在に至っています。

これらの事件を見ますと、政治団体というよりグレン隊か暴◯団としか思えませんね。

反レイシャルハラスメント団体がすべてこうだとは言いませんが、こんな団体があることも、まぎれもない事実なのです。

 

まとめ

今回は、朝日デジタル版の

大学講師が「韓国は恥ずかしい国」恐怖感じたレイハラ

について見てきました。

いつもながらの朝日記事ですので、そのつもりで読まないとなんのことかさっぱりわからないことになりかねせん。

1 2 3 4
ページトップへ