ちくわぶの原材料やカロリーは?関西で不人気の理由を考察!

グルメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


寒い冬が近づいてくる時期になると、おでんが恋しくなりますね。

おでんの種は、卵・はんぺん・ちくわ・大根などが人気になっているようで、関東も関西もあまり変わりありません。

しかし、一つだけ関東と関西で大きく違う所があります。

それは

ちくわぶ!

なのです。

関東では、かなりの人気アイテムなのですが、関西では絶不評。

不評というより、そもそも関西の人は『ちくわぶ』というものを知りません。

これには驚きましたね。

そこで今回は、ちくわぶについて、原材料やカロリー、関西で人気のない理由などをお話していきましょう。

[adsense]

ちくわぶの原材料やカロリーは?

まず、ちくわぶとはなんぞや?

定義としては、ちくわぶ(竹輪麩)は、

小麦粉をこねたものを茹でた麩

である、とされています。

つまり魚肉から作られた物ではないのです。

これは意外でした。

名前が似ている『ちくわ』は、主として白身の魚から作られます。

かまぼこと同じですね。

しかし、一字よけいな『ぶ』がつくと、似て非なる小麦粉が原材料になってしまいます。

ほとんどの人は(筆者も)、ちくわと同じ魚肉からできている、と思っていたでしょう。

しかも関東ローカルで、関東以外では、そもそも全く売っていないとのこと。

 

このちくわぶの起源は、江戸の蒸しかまぼこの一種である『白竹輪』(しろちくわ)に似せて作られたそうです。

しかし、他の説(紀文による説)では、京生麩が原型で、精進料理の麩を参考にして関東で作られた、ということになっています。

もう一つ、第二次世界大戦直後の貧窮時代に、高価な魚のすり身を使う竹輪の代用品として、闇市で売られていた、という説もあります。

ちくわぶの起源として、どれが正しいのかは、今でも定説はないようですね。

1 2 3 4
ページトップへ