けものフレンズのたつき監督が降板した理由とカドカワ炎上の真相

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


現在、大人気アニメとなった『けものフレンズ』を巡って、カドカワがネット上で大炎上しています。

なんと、『けものフレンズ』の今後のアニメ制作に、アニメ『けものフレンズ』のほぼ全てに携わった

たつき監督が降板

となってしまったのです。

たつき監督のツイートにより、諸悪の根源がカドカワにあると判断したユーザーが揃ってカドカワ叩き。

さらにカドカワへの批判は日本だけでなく、世界中のユーザーからされているほど。

まさか、『けものフレンズ』でも

『コンテンツ潰しの角川』

が、いかんなく発揮されてしまうとは、本当に残念ですよね。

では、なぜたつき監督は降板となってしまったのか?

当記事では、アニメ『けものフレンズ』で、なぜたつき監督が降板となってしまったのかについて、その理由を探っていきます。

[adsense]

『けものフレンズ』たつき監督が降板でカドカワ炎上!

2017年9月25日の夜、Twitterのトレンドは、日本だけでなく、世界でも『けものフレンズ』一色に染まりました。

なんと…

たつき監督が降板

となってしまったのです。

たつき監督といえば、アニメ『けものフレンズ』では、

  • 監督
  • シリーズ構成
  • 脚本
  • コンテ
  • 演出
  • OP絵コンテ・演出
  • 美術デザイン

と、アニメ『けものフレンズ』のほぼ全てに携わった、『けものフレンズ』になくてはならない存在です。

そんなたつき監督がまさかの降板ということで、Twitterでは驚きや悲しみ、そしてそれらの感情は、次第にカドカワへの怒りへ変わっていきました。

たつき監督のツイートによれば、

突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました。

ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。

1 2 3 4
ページトップへ