筒井康隆作品のおすすめランキングを紹介!おもしろい小説はコレ!

小説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


小説が好きな人で、筒井康隆さんの名を知らない人は少ないでしょう。

一風変わった、あるいは先鋭的な、時には鋭い風刺や毒舌、そんな中味がはち切れんばかりに満載された、その小説の魅力。

これにハマったら、

『もう一生その呪縛からは逃れられないのではないか』

と思う程、強力な魅力に満ちあふれた小説ばかりです。

禁忌とされている領域にも脚を、いや筆を踏み込み、『なんとか解放同盟』とか、『かんとか反対組織』と、苛烈な戦いを交えたりもします。

自分の出自まで小説の材料にし、筒井順慶の子孫と称したり(小説内で)もしています。

実際には筒井順慶の足軽の子孫らしいのですが、話としては筒井順慶の子孫の方が面白いですよね。

今回は、そんな筒井康隆さんの作品の中から、面白い小説はコレ!と、おすすめランキングをお話していきましょう!

[adsense]

筒井康隆作品のおすすめランキング!

いざ筒井康隆作品のおすすめランキングを選ぶとなると、どれを選んだらよいのか、おおいに迷ってしまいます。

筆者は、筒井康隆さんの大ファンであり、オマージュとして筒井『まがい』の小説まで書いてしまいました。

むろん、シロトの手すさびで人に見せられるものではありません。

そのくらいに筒井康隆さんに入れ込んでいたということですね。

日本のSF作家では、もうひとり半村良さんにも、同じくらいの思い入れがありますが、二人共、異色かつ出色の作家です。

ということで、ない知恵と勇気を振り絞って、独断と偏見(だけ)による筒井康隆作品のおすすめランキングを書いてみました。

なお、この評価とおすすめは、あくまで筆者が実際に読んだ感想に基づくものです。

  1. 最後の喫煙者 1987年
  2. ベトナム観光公社 1967年
  3. 農協月へ行く 1973年(単行本の発刊年)
  4. 日本以外全部沈没 1974年
  5. 最高級有機質肥料 1997年(単行本の発刊年)
  6. 大いなる助走 1979年
  7. メタモルフォセス群島 1976年
  8. アルファルファ作戦 1968年(単行本の発刊年)
  9. 公共伏魔殿 1996年(単行本の発刊年)
  10. 蟹甲癬 1979年(単行本の発刊年)
  11. 七瀬ふたたび 1975年
  12. 時をかける少女 1967年

こうしてリストアップして見ますと、おすすめできる筒井康隆さんの作品には、初期の作品が多いですね。

1 2 3 4
ページトップへ