半村良作品の絶対に面白いおすすめ小説をランキングで紹介!

小説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


半村良(はんむら りょう)さんの作品は、『伝奇小説』などと呼ばれていますね。

半村良さんの作品は、奔放極まりない想像力と、日常生活の細かいディテールまで詳密に描き込んだ描写が入り交じった、独特の作風が特徴です。

この作風により、現実には全くあり得ないような、超常的な現象や世界を書いていても、読者は現実世界にいるようなリアルさを感じてしまうのです。

その代表的な例が、『石の血脈』や『黄金伝説』などの半村伝奇小説なのです。

そこで今回は、

『半村良作品の絶対に面白いおすすめ小説をランキングで紹介!』

と銘打って、超常と日常が融合した、半村良さんの不思議な世界に、みなさんをお誘いします!

[adsense]

半村良作品の絶対おすすめランキング!

伝奇(小説)の本来の意味は、中国の唐-宋時代に書かれた小説を指しています。

しかし現在では、古来の伝承や説話を元にした作品、あるいは作者の創作による史実とは異なる歴史を題材にした小説、という意味が強いのです。

半村良さんの例で言えば、

  • 『知られざる古文書』 産霊山秘録・黄金伝説
  • 『とある地方に伝わる謎の伝承』 黄金伝説その他の伝説シリーズ
  • 『謎の旧家の血筋』 石の血脈
  • 『歴史の裏舞台で暗躍した秘密組織』 闇の中シリーズ

などなどですね。

前項でも書いたように、半村良さんの作風は超常と日常の融和ですが、彼の最も得意とする技は、

物語の出だしでは至極日常的なこまごました所作を詳密に描き、それにより読者にはリアル感をあたえます。

それがいつの間にかふとしたきっかけで、

『スルッ』

と異世界に滑り込む。

というものです。

ふと気がつくとそれまでいた雑踏の実世界から、この世のものならぬ世界に移動させられているのですね。

1 2 3 4
ページトップへ