前原誠司(民進党代表)が無所属で出馬する本当の理由を考察!

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年9月27日に、民進党代表の前原誠司氏が、

自分は民進党からではなく、無所属で出馬する

との意向を周囲の議員に伝えていたという、衝撃の事実がわかりました。

おりしも安倍晋三首相による衆院解散の前日なのです。

一党の、しかも衆院第二の議席数を持つ政党の代表が、無所属あるいは他の政党から立候補するのは、前代未聞、異例中の異例のことですね。

つまりは、前原誠司氏は民進党と社会主義を見限ったということなのでしょうか?

今回は前原誠司氏(民進党代表)が、無所属で出馬する本当の理由を考察し、民進党と希望の党が今後どうなるのかもお話していきます。

[adsense]

前原誠司(民進党代表)の無所属出馬発言の真意は?

前原誠司氏は、無所属出馬の理由について、

どんな手段を使ってでも安倍政権を終わらせる。

野党がバラバラでは選挙に勝てない。

としているそうです。

また、党内へは

民進党を届け出政党とはせず、公認候補を擁立しない方向

で話を進めているそうです。

これはつまりは、

民進党解散

ということですよね。

民進党の前身は『右派社会党』です。

ずいぶん前のことですが、社会党は『左派社会党』と『右派社会党』に分裂しました。

それ以後、右派社会党は数々の変遷の末、民進党となったのです。

共産党より教条的と言われる左派社会党(現在は社民党)とは一線を画すとはいえ、社会主義政党であることには変わりありません。

しかし、最近の北朝鮮による度重なる核実験やミサイル実権により、日本においての社会主義への風当たりが強くなってきました。

なにしろ、日本の頭の上をミサイルが通過しているのです。

しかもそのミサイルは、そう遠くない将来に水爆を搭載できるようになるでしょう。

1 2 3 4
ページトップへ