希望の党へ民進党の議員が合流(入党)するための参加条件をチェック

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


サルは木から落ちてもサルだが、議員は選挙に落ちればただのヒト

という警句があります。

このところの民進党の希望の党への合流劇を見ていると、この警句は真実だなぁと感心してしまいます。

本当にあっさりと希望の党への民進党の合流(吸収)が事実上決定してしまいました。

民進党は、結局消滅することになりそうですね。

そこで今回の記事では、

希望の党へ民進党の議員が合流(入党)するための参加条件や、希望の党と小池百合子氏はこれからどうなるのか

などをお話していきましょう。

[adsense]

希望の党へ民進党の議員が合流(入党)するための参加条件

こうして民進党は事実上希望の党に吸収合併ということになりました。

しかし、小池百合子氏は前々から

全員を受け入れることはさらさらない。

政策的に一致しないといけない。

と語っています。

つまり

入党希望者は、個別に選別する

と言っているわけです。

では、希望の党へ合流(入党)するための参加条件とは、具体的にはどのような条件なのでしょうか?

2017年9月27日のテレビでは、

「極めてリアルな安全保障政策についてこれるかどうか、ということだと思います」

と語っています。

さらに、民進党の社会党系議員への対応について質問を受けると、

「そういう方はそもそも(希望の党へは)来られないのではないでしょうか」

とのことでした。

さらに翌々日の記者会見では、『排除』とか『絞り込み』などの表現もあったそうです。

つまり、頭から社会主義者は、希望の党へはダメということですね。

希望の党関係者の話では、小池百合子氏による公認の基準は、

安保法制存続と憲法改正に賛成するか否か

とのことです。

要するに『踏み絵』であり、

マルクス様・レーニン様のご尊顔を踏んづけた者だけ

1 2 3 4
ページトップへ