小野友樹の結婚相手(嫁)と事務所を辞めてフリーになった理由を考察

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


声優も、最近はイメージ戦略をとることが多いので、事務所が交際や結婚の情報を流すことを禁止にしていた可能性は十分にあるのではないでしょうか。

別に小野友樹さんがバレないように隠していたとか、意地の悪いことをしていたわけではないので、そこのところは誤解をしない方がいいのではないかと思います。

 

小野友樹が事務所を退所してフリーになった理由

主役を演じることも増えてきて、人気声優の仲間入りとなった小野友樹さん。

では、小野友樹さんはなぜ事務所を退所し、フリーになったのでしょう?

残念ながら、小野友樹さんの口からフリーになった理由は語られていません。

なので、筆者なりに考察してみようと思います。

 

声優が、事務所を退所してフリーになる場合というのは、結構色々な理由があります。

  • 事務所に移るため、一時的なフリーになる
  • 個人事務所を設立するため、実質的なフリー
  • 本人と事務所の方針の違いによるもの
  • プライベートの事情で新規の活動はおこなわず、過去の役での出演のみになる場合

などですね。

独立して個人事務所を設立する声優は、実は結構います。

林原めぐみさんや、平田広明さん、柿原徹也さんなどがその例です。

また、個人事務所を設立したものの、その後に数名が移籍し、複数人が所属する事務所になったり、独立して新しい声優事務所を設立…。

というケースも多いような気がしますね。

浪川大輔さんや藤原啓治さん、堀内賢雄さん、また、最初は個人事務所だったものの複数人が所属することになった鈴村健一さんなど…。

声優自身が取締役!という事務所が結構あるのです。

こういったことからわかるように、声優業界というのは、事務所の力はそれほど大きくなく、

せいぜいオーディションを斡旋してくれるくらい

というレベルで、移籍したり独立しても、消えたり干されるようなことは基本的にありません。

そのため、手数料を事務所にとられるくらいなら、独立してギャラを全額もらいたいと考える人もいるでしょう。

とはいえ、声優の場合、ギャラの7~8割はもらえるらしいのです。

事務所に入るお金の方が少なく、声優自身が儲かるには儲かっているのですが…。

そのギャラも歩合制ですしね。

ただ、名が売れれば売れるほどギャラも多くなり、その分の手数料も持っていかれてしまうので、小野友樹さんのように名が売れてきた声優であれば、基本的には独立したほうがいいわけです。

おそらく、小野友樹さんの場合も、こういった

ギャラ関連か、方針の違い・新ジャンルを目指すという理由

が考えられるのではないでしょうか。

ギャラ関連は先述の通りですが、方針の違いというのはどういうことか?

例えば、歌とかもリリースして売り出したいと事務所側は考えていても、声優本人はアニメや映画、ナレーションだけでいきたい…。

アイドル声優路線で売り出そうとしているけど、本人はアイドル声優としてより、もっと違う方向性でやりたい…

といったケースが該当します。

個人で活動するのであれば、事務所の方針に従う必要もないので、自分の方向性を貫くことが可能です。

おそらく、小野友樹さんも何らかの目指す道があり、それに専念したいためにフリーになるという道を選んだのでしょう。

その道が何なのかは、小野友樹さん本人のみぞ知るというところですが、いずれにしても、筆者としては、今後も小野友樹さんを応援していきたいと思った次第です。

 

まとめ

声優の小野友樹さんが、事務所を退所してフリーとなることを明かしました。

それと同時に、一般女性と7年前の2010年頃に結婚していたことも報告。

ファンからは驚きの声が挙がっています。

一部では、結婚を隠していたという人もいますが、事務所を退所したタイミングで報告したということは、結婚については秘密にするよう事務所に言われていたのでしょう。

そのため、好きで隠していたわけではないと思いますよ。

こういった縛りなどもあったため、小野友樹さんは仕事・プライベートのあらゆる自由を求め、フリーに転身したのかもしれないですね!

フリーとなった今後も、小野友樹さんの活躍に期待です!

1 2 3
ページトップへ