水石亜飛夢(ハガレンのアルの声優)の評判を考察!問題発言で炎上も

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


色々な意味で話題となっている実写映画『鋼の錬金術師』。

その実写映画『鋼の錬金術師』で、エドの弟・アルの声を担当するキャストが決まりました。

アルの声を担当するのは、水石亜飛夢さん。

まだ21歳という若手で、まさかの抜擢に話題となっています。

しかし、水石亜飛夢さんには、過去に問題発言で炎上したという噂も…。

そこで、当記事では、実写映画『鋼の錬金術師』でアルの声優を担当する水石亜飛夢さんについて、過去の問題発言など、評判を調べてみることにしました。

[adsense]

実写版ハガレンのアル役声優に水石亜飛夢が起用!

漫画、そしてアニメと大人気だった荒川弘先生の『ハガレン』こと『鋼の錬金術師』。

そんな『ハガレン』が実写映画化、さらには主演が山田涼介さんということから、ジャニーズのお遊戯会になりそうだと、早速批判炎上していますよね。

また、キャラの見た目もひどく、

「まだコスプレイヤーのコスプレの方がマシ」

「拒絶反応しか起きない」

と酷評されています。

早くも実写映画『ハガレン』には、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』のように失敗する雰囲気しか感じられません。

とくに、ウィンリィ役の本田翼さんには批判が殺到!

金髪碧眼のウィンリィが、茶髪黒目という時点で

『作品に対するリスペクトがない』

と、スタッフに対しての失望の声も挙がっています。

このように、原作を冒涜し、もはや成功するビジョンが感じられない、公開前から大コケ確定している実写『ハガレン』。

そんな中、メインキャストの中で唯一判明していなかった、CGで描かれるエドの弟であるアルフォンス・エルリック…通称アルの声優が判明しました。

アルの声を務めるのは、

1 2 3 4
ページトップへ