水石亜飛夢(ハガレンのアルの声優)の評判を考察!問題発言で炎上も

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とくに、ウィンリィ役の本田翼には批判が殺到!

金髪碧眼のウィンリィが、茶髪黒目という時点で

『作品に対するリスペクトがない』

と、スタッフに対しての失望の声も挙がっています。

このように、原作を冒涜し、もはや成功するビジョンが感じられない、

公開前から大コケ確定している実写『ハガレン』。

そんな中、メインキャストの中で唯一判明していなかった、

CGで描かれるエドの弟であるアルフォンス・エルリック…通称アルの声優が判明しました。

アルの声を務めるのは、

水石亜飛夢

という若手俳優です。

@aonatsu_movie)さんの投稿

水石亜飛夢は、2017年の誕生日で21歳となったのですが、その誕生日が1月1日という、なんと元日生まれ!

亜飛夢でアトムと読むのはとても変わっているのですが、どうやらこの名前を決めたのは、16歳上の兄が

「アジア(亜細亜)を飛ぶ夢になってほしい」

という思いから名付けたというエピソードを、水石亜飛夢はブログで語っています。

俳優としての活動はまだあまり多くなく、

これまでに『牙狼<GARO>』以外では、2016年頃から少しずつ出演が増えた程度。

@maro4716)さんの投稿

水石亜飛夢の活動の場は、基本的に舞台が中心のようで、かなりの舞台に出演しています。

代表的な舞台は『テニミュ』こと『テニスの王子様』のミュージカルでの柳蓮二役です。

ただ、最近はテレビでの出演も増えてきて、2018年には映画『笑いの枝折り』で初主演とのことで、まさに今売り出し中の俳優と言えるでしょう。

そんな水石亜飛夢ですが、実際のところ、評判としてはどうなのでしょうか?

水石亜飛夢の評判

今回、実写版『ハガレン』で、アルの声を担当することになった水石亜飛夢。

1 2 3 4
ページトップへ