わろてんかの意味とは?原作モデルと脚本をチェック!

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年後期のNHK朝ドラとして放送が開始された、葵わかなさん主演ドラマ『わろてんか』。

放送初回から視聴率20%超え

という高い支持を得ているようですが、それにしても、一体『わろてんか』は、どんなドラマなのでしょうか?

舞台が京都・大阪ということで、波瑠さん主演の朝ドラ『あさが来た』のような、女実業家の半生を描いたドラマのような印象も見受けられます。

はたして『わろてんか』のモデルが誰なのか、原作の存在や脚本を誰が務めるのかなど気になる要素満載!!

そこで、本記事にて、NHK朝ドラ『わろてんか』の原作や脚本、モデル、『わろてんか』というタイトルに込められた想いや言葉の意味をまとめます。

そして、このドラマの魅力を違う角度から紹介していきましょう!

[adsense]

NHK朝ドラ『わろてんか』

周囲の人たちが紆余曲折しながら、幸せを掴んでいく結末を迎えたNHK朝ドラ『ひよっこ』。

筆者も、この放送を観ていて、

「ああ、ひよっこも遂に終わりを迎えるんだ」

と、感慨深く思いながら、この半年間の放送を振り返っていたところ。

さて、そんな『ひよっこ』の次に放送開始された朝ドラが、葵わかなさんん主演の『わろてんか』です。

このドラマ『わろてんか』のテーマは、タイトルにもなっている通り、ズバリ

笑い

がテーマとなっています。

京都の老舗薬種問屋『藤岡屋』で、真面目すぎて人相も怖く、ある意味で恐れられているところもある父・藤岡儀兵衛。

笑い上戸であることを禁止されながらも、笑いから離れることができなかったヒロイン・藤岡てんの半生

を綴ったドラマとなっています。

藤岡てんのモデルやドラマの原作・脚本、また、『わろてんか』という言葉の意味などは掘り下げて後ほどお話ししていきます。

1 2 3 4
ページトップへ