わろてんかの意味とは?原作モデルと脚本をチェック!

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この『わろてんか』のヒロインの面白さは、

「薬屋の娘たるものヘラヘラ笑っていてはいかん!!」

という父の言葉にどこか反発しながらも、力強く生き抜く点にあります。

しかも、運命的な出会いとなった旅芸人・北村藤吉と親の反対を押し切り、駆け落ちまでして、藤吉の実家がある大阪へ移住します。

そして、北村屋で経営を学びながら、最終的には藤吉と共に二人三脚しながら寄席小屋を開き、大阪を笑いの街へと変貌させる姿は圧巻!!

近年は、女性のパワーは凄いと脱帽させられっぱなしです。

今回も、ある意味パワフルでたくましい女性が活躍する世界観が、朝の顔となって大いに盛り上げてくれることでしょう。

とはいえ、この『わろてんか』のヒロインは、決して肝っ玉母ちゃんのようなタイプではなく、か弱く可愛らしいタイプの女性です。

では、何が彼女をたくましくさせているのか…。

それが笑いの力なのだということを、この物語で如実に描いているように、ここ数日の『わろてんか』を観てなんとなく感じました。

まだ始まったばかりの朝ドラですし、現時点では主演の葵わかなさんでさえ、主題歌が流れるワンシーンを除いては、一切登場していない状況…。

それ故に、今後どのような展開が観られるのか具体的なところはわかりません。

ただ、

「笑いは神様が与えた病への特効薬」

という言葉も一部で耳にするように、笑いには、多くの人たちを元気づけてくれるパワーがあります。

その笑いをテーマにしているドラマですから、きっとこの時代に生きる人達を明るく照らし出してくれるはず…。

もちろんヒロイン・藤岡てんもその笑いの力に背中を押されながら、前を向いてたくましく生きていくことでしょう。

そんなドラマであるだけに、不安やストレスを抱えている多くの人たちを元気づけてほしいと、『わろてんか』のヒットと共に今後の展開に期待しています。

1 2 3 4
ページトップへ