村上春樹のおすすめ小説作品とノーベル文学賞を取れない理由を考察

小説 文化人・著名人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年10月5日、2017年度のノーベル文学賞の発表がありました。

昨年の授賞者は、小説や詩の作者ではなく、音楽家のボブ・ディラン氏という意外なことになりました。

結局、2017年は日系イギリス人の作家カズオ・イシグロ氏でしたので、これはまあ予想の範囲内でしたね。

ただ、このところ毎年のようにノーベル文学賞のノミネートされている村上春樹氏は、今回もまた授賞を逃しました。

村上春樹氏の小説作品は海外でも広く読まれ、また大学などの教材にもなり、国際的知名度は非常に高いです。

それなのに、なぜ毎年ノーベル文学賞の授賞を逸し続けるのでしょうか。

村上春樹氏は、なぜ今回もまたノーベル文学賞を取れなかったのか、その理由を考察し、おすすめ小説作品もあわせて見てみましょう。

[adsense]

村上春樹がノーベル文学賞を取れない理由は?

上の画像は『誤報』です!

まず最初に、ノーベル文学賞の候補者(ノミネートされた人)の名前は、選考の当事者であるスウェーデン・アカデミーからは、

一切公表されない

のです。

候補者として挙げられているのは、評論家や欧米のブックメーカー(賭けの胴元)によるものであり、公式のノーベル賞の候補者ではありません。

つまり単なる予想や賭け率の材料ということになります。

この点を踏まえて、なぜ村上春樹氏はノーベル文学賞を取れないのか、その理由を考察してみました。

 

この授賞できない理由はいくつか考えられます。

その一つがノーベル文学賞の選考基準(条件・要件)です。

ノーベル文学賞の授賞要件は、

「理想主義的傾向のもっとも注目すべき文学作品の著者に贈る」

という要件です。

これはノーベル賞の創始者である、アルフレッド・ノーベルの遺言にそのように書かれているそうですね。

1 2 3 4
ページトップへ