原千晶、子宮頚がんで激太り?現在は「よつばの会」設立で奮闘

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1994年、クラリオンガールに選出されて以降、グラビアモデルとしても活躍していたタレントの原千晶。

彼女は二度も子宮がんに襲われたものの、闘病の末ガンを克服しています。

原千晶はがんという大病を患い、克服してからというものの『太ってしまったのでは?』とネットで噂になっているよう。

がんという病気の影響があって、太ってしまったのでしょうか。

また現在往年の頃と比較して、テレビで姿を見ないという声も一部で聞こえています。

原千晶は、現在はどのような活動をされているのでしょうか。

本記事では、原千晶ががんに罹ってしまった背景や、太ったことのがんとの関係、現在の活動をまとめていきます!

原千晶を襲った二度の子宮がん

クラリオンガールにも選出され、1997年には篠山紀信とタッグを組み、セクシー系写真集をリリース。

モデルとしても世の男性ファンを魅了した美ボディーの持ち主であったタレントの原千晶。

そんな彼女を激変させる出来事が、2005年の精密検査を機に判明します。

それまでとくに身体に異常があったということもなく、2005年の精密検査も人間ドッグのような感覚で行ったのだと思います。

この何気なく受けた精密検査で、最悪なことに原千晶さんに子宮頸がんが見つかってしまうのです。

医師から子宮の全摘を勧められたものの、子供を産めない身体になってしまうため子宮の全摘を躊躇した原千晶。

そこで子宮の全摘を回避できる道を探り、とりあえず円錐形切除によって子宮を残す方法での治療がスタートします。

しかし、ささやかな希望すらも打ち砕く最悪な方向に事態は向かうのです…。

1 2 3 4
ページトップへ