ログインとログオンの違いとは?言葉の意味をチェックしてみた!

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その理由は、推測ではありますが、マイクロソフトが差別化というか、独自性を強調したいがためではないかと思います。

そのため、Windows8以降でもログインではなく、サインインを使うのでしょう。

ところで、肝心のログインとログオンの違いですが、

事実上同じ

と考えて差し支えなさそうですね。

UNIX系でもMacでも、あるいはWindowsでも、コンピューター上の何かのサービス(OSなど)に入る時という点では同じですから。

とはいえ、厳密な定義を見ると、わずかながら相違はあるようです。

 

実は、こんな定義があります。

これによると、ログオンまたはログインの際の、CPUによる処理(端末としての画面表示やキーボード入力を除く)が、

  • ローカルコンピューター(ユーザーのパソコンなど)
  • サーバー

で使い分けることのようです。

ログオン:処理を自分のコンピュータ(ローカル)が行う場合

ログイン:処理をネットワークで繋がっているコンピュータ(サーバー)が行う場合

つまり、

  • Windowsでは自分のコンピューターを使う
  • UNIX系ではサーバーに繋げる

と言えばよいのでしょうか。

 

また、こんな説もあります。

ログオンは特定のサーバに限定せず、ネットワーク全体に乗る(on)イメージです。

これに対して、ログインは特定のサーバに入る(in)イメージだそうです。

Windowsの場合は、以前から認証処理を分散化させていたので、用語としてログオンを使うようになったということです。

サインオンという用語は、元々はIBMで使われていた言葉です。

IBMのシステムでは、現在でも『HTTPシングル・サインオン(SSO)』という用語が使われています。

1 2 3 4
ページトップへ