ログインとログオンの違いとは?言葉の意味をチェックしてみた!

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この言葉はIBMの分散サーバーなどにアクセスする時に使われます。

目的は通常のログインと同じく、セキュリティの資格情報の取得です。

つまり、ログイン・ログオンと同じということですね。

いずれにしても、現在はログインとログオンを厳密に使い分ける必要もなく、またそのような人もあまりいません。

なので、使い分けをとくに気にすることもないと思いますよ。

 

ログインとログオンの言葉の意味と由来は?

ログインやログオンという言葉の意味ですが、前項で書いたことを補足しますと、こんな具合になります。

ログイン・ログオンの意味

ログイン・ログオンとは、コンピューターの利用開始時に、ユーザーの身元や正当性を識別する行為を指します。

具体的には、各種のリソース(資源・データ)へのアクセスに必要な、正当なユーザーであるという情報を取得するための操作です。

通常、OSなどのシステムでは、それぞれのユーザーごとにアクセスできる権限が設定されています。

これらのシステムでは、勝手に他人のリソースやシステムの重要な情報を閲覧・使用したりできません。

また、破壊(消去など)もできないようにされています。

この各ユーザーを識別・特定するための情報入力が、ID・パスワード、氏名などの入力なのです。

なお、英語では、現在利用中のユーザーのグループを『logins』と言い、

システムの利用を開始する動作を『log in または log on』

と呼んで使い分けているそうです。

 

ログイン・ログオンの由来(語源)としては、船舶の航海日誌から来ています。

この『ログ』とは丸太のことで、丸太の上に立って足で回し、相手を落とすという、『ログファイト』というスポーツもありますね。

また、丸太で作った家はログハウスと呼ばれます。

船舶では航海日誌(logbook)を必ずつけることになっています。

これは法令でも定められていて、記入法なども実に細かく決められています。

記入はペン書きで、誤記による訂正・削除は二本線で行い、語句を抹消してはいけない

などなどです。

ただし、この航海日誌作成の義務は、総トン数5トン未満の船、つまり遊園地のボートなどには適用されません。

遊園地のボートに乗る度に、航海日誌をつけなかったといって処罰されたりしたら…。

では、なぜ航海日誌のことを『ログ』と言うようになったかは、

昔の船舶では『丸太(ログ)』を海に流して船の速さを測った

からだそうですよ。

このログという言葉は、無線局での交信記録やBBSなどでも、その記録はログと呼ばれます。

 

まとめ

今回はログインとログオンの違いや、その言葉の意味などを見てきました。

ログイン・ログオン・サインイン(サインオン)などは、内容の違いはほとんどなく、事実上同じと思っても間違いはなさそうです。

言葉の違いはOSの慣習などによるもので、その意味するところはほぼ同一。

ログイン・ログオンとは、コンピューターの利用開始時に、ユーザーの身元や正当性を特定するものです。

ログイン・ログオンによって、そのシステムを使う資格があるかを、判断するのですね。

また、由来・語源は船舶の航海日誌から。

昔の船舶では『丸太(ログ)』を海に流して船の速さを測ったことから来たと言われています。

1 2 3 4
ページトップへ