インスタ映えとは?その意味とマツコからの批判発言の評判を考察

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

さて、こうやって説明すると聞こえはいいですが、元も子もないことを言ってしまえば、

いいね稼ぎしやすい写真

が『インスタ映え』になるのでしょう。

ツイッターでいう、ふぁぼりつ稼ぎのネタツイートみたいな感じですね。

『Instagram(インスタグラム)』は、若い女性を中心に人気になっているアプリで、実質的なSNSと化しました。

そのため、ある種『インスタ映え』する写真をアップロードし、『いいね』をたくさんもらうことがSNSにおけるステータスとなってしまっているのです。

たくさんの『いいね』をもらいたいという、承認欲求の塊が『インスタ映え』とも言えます。

そして、最近は自分さえよければ他の迷惑など気にしないという『インスタ映え』悪人も急増しています。

また、『インスタ映え』する写真をアップロードし続けなければいけない義務感に囚われ、

『インスタ疲れ』

なるものも起きているのだとか。

『インスタ映え』するものを求め、遠方の地へ行ったり、高級料理を頼んだりして費用がかさむとのことなのですが…。

そんなことするくらいなら、『インスタなんて、やめればいいのに』と思うのは筆者だけでしょうか?

正直なところ、ギャンブル依存になってしまっている人と同じにみえます。

しかも、『インスタ映え』の問題点はこれだけではありません。

近年では、非常に悪質な迷惑行為がさらに目立つようになっています。

2017年10月10日放送の『マツコの知らない世界』で、マツコ・デラックスさんが『インスタ映え』ブームを痛烈批判!

それにネット上で数多くの称賛の声が挙がったほどなのです。

 

『インスタ映え』に対するマツコ・デラックスの発言が話題!

『インスタ映え』ブームは、観光スポットに足を運んだり、人気グルメ店が繁盛する一方で、

1 2 3 4
ページトップへ