ブレードランナー2049は大コケ評価?あらすじから結末ネタバレ!

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それが、ネット上で拡散され、

『大コケ』

というフレーズだけが独り歩きしてしまったというわけ。

もちろん意図的に狙ってやった話かどうかはわかりません。

とはいえ、いくらネットニュースとは言え、このような表現をネット上にばらまいていくのはあまりにも無責任ですよね。

確かに、話としては少しややこしいところが見受けられます。

それは、先程もお話ししたように、

  • デッカードが身を隠していた理由
  • ウォレス社やKの上司達が躍起になってデッカードやレイチェルの娘のことを始末しようと考えていた理由
  • ある情報を聞き出そうとしていた理由

など、実にわかりづらく感じます。

しかも、ブレードランナーからの繋がりとしてみていくと、

謀反を起こそうとしたレプリカントが、なぜ人間たちと住み分けしながらも同じ地球で生活しているのか

など首をかしげたくなる部分も出てきます。

とくに初見の人には混乱を招きやすくも感じます。

そういった部分で、年齢層や視聴者層が、ある程度限定されてしまうところが、観客動員のデータ上にも投影されているようですね。

そのことが大コケと言われる最大の要因となってしまったように思われます。

ただし、何度も言いますが、しっかりシリーズ作品全体を通して、話の流れを掴みながら見れば、

これ以上面白い作品はないと言ってもいいくらい完成度の高い作品

であることに違いはありません。

とくにブレードランナーファンは、最新作が公開され、その出来に大満足していたそうです。

ただ、

「SFに恋愛要素は全くいらない」

とか、固定観念を持って見ると、違和感を覚える部分が出てくることも事実だと思います。

本物のSFファンには、そんな固定想念を抱いている人は、まずいないとは思われますが…。

ブレードランナーの世界観を少しでも理解し、新作も同じように

世界観を追い求めて観ていただければ

きっと満足できる内容の映画です。

 

まとめ

前作までのファンも多く、シリーズ最新作として、どのようなストーリーが描かれていくのか、非常に楽しみな映画『ブレードランナー2049』。

すでに公開され、早くも大コケとネットニュースに出てしまっているそうです。

その理由は、ターゲットが絞られている映画作品であるので、万人受けしないという理由で大コケと酷評されたのが実際のところのようです。

まぁ、SF映画でありながら恋愛要素も加わり、実に感動的なラストもしっかり描かれているので、それほど心配する必要はありません。

大コケ評価は、気にせずに存分にブレードランナーの世界観を楽しんでいただけたらと思う次第です。

1 2 3 4
ページトップへ