ブレードランナーのあらすじから結末まで解説!原作との違いは?

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『ブレードランナー2049』が、2017年10月27日より公開!

このニュースに胸を躍らせている人も多いのではないでしょうか。

リドリー・スコット監督による1982年発表の初代『ブレードランナー』は、数々の賞を授賞し、映画史上に残る名作という定評があります。

それだけではなく『ブレードランナー』は、後の映画やドラマにも強い影響を与えた作品でもあります。

また、評価だけではなく、興行収入も素晴らしい成績をのこしているのです。

それだけの名作に、なぜ35年も続編が作られなかったのか?

それはあまりにも初代『ブレードランナー』の内容が良すぎ、多方面への影響も強すぎたため、

それをしのぐ、あるいは匹敵する作品とすることが困難

とクリエーターがためらっていたからではないでしょうか。

そこで今回は、不朽の名作『ブレードランナー』のあらすじから結末までと、原作との違いを考察してみました!

[adsense]

映画『ブレードランナー』のあらすじから結末まで

初代『ブレードランナー』は、1993年にアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録されました。

この登録は、興行収入とは関係なく、

永久保存するにふさわしい内容であるか

で選定されます。

したがって、大ヒット作でも登録されない場合もありますし、マイナーな作品でも登録されることもあります。

『ブレードランナー』の興行収入は決して少なくはありませんが、超大ヒットという程でもありませんでした。

同時期に公開された制作費がずっと少ない『E.T.』の、1/10以下の興行収入だったのです。

その理由は、当時のリドリー・スコット監督は無名に近かった(『エイリアン』は公開されていたのに!)ということがあります。

1 2 3 4
ページトップへ