中日ドラゴンズのドラフト会議2017!指名選手の情報や評価を紹介

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


5年連続Bクラスという、これまでの成績を振り返ると、確実に暗黒時代に突入してしまった中日ドラゴンズ。

いつの時代も、なんだかんだでAクラスが多かっただけに、こうもBクラスが連続するのは初めての出来事です。

そもそも、3年連続Bクラスの時点で球団史上初でしたからね。

そんな中日を根本から変えるには、世代交代に失敗したことが原因なので、ルーキーら若い風を吹かせるしかありません。

そこで気になるのが、2017年のドラフト会議で中日ドラゴンズが誰を指名したか?です。

当記事で、中日ドラゴンズのドラフト指名選手と、その評価を紹介していきましょう。

[adsense]

5年連続Bクラスの中日の補強ポイントは?

2017年の中日は、ヤクルトが相変わらずのけが人続出で絶不調だったために、実質的には譲ってもらうような形で5位となりました。

中日もけが人に悩まされたシーズンだったとは思いますが、それ以上に地力がなさすぎて、広島や阪神に全く敵わなかった印象があります。

とくに広島には惨敗も惨敗、2年連続でマツダスタジアムでは2勝10敗という目も当てられない成績だったのです。

完全に世代交代の失敗のツケが回ってきているわけですが、となると、当然ドラフト会議によるルーキーの指名が誰になるか…。

ここに注目が集まります。

では、具体的には、どこが中日に不足している部分なのでしょう?

結果として言ってしまえば…

ほぼ全部

です。

あらゆる部分が手薄。

投手は、中継ぎは充実してきたものの、先発はかなりと言っていいほど不足。

勝ち頭がシーズン途中から2か月ほど先発、そして再び中継ぎに戻ったという又吉克樹投手という時点で、いかに中日ドラゴンズに先発投手がいなかったかが伺えます。

1 2 3 4
ページトップへ