中日ドラゴンズのドラフト会議2017!指名選手の情報や評価を紹介

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それでは、1人ずつ詳しく選手評価を見ていきましょう。

中日のドラフト1位指名選手 鈴木博志(ヤマハ)

中日がドラフト1位で指名したのは、ヤマハの鈴木博志投手です。

鈴木博志投手は、181センチ95キロのどっしりした体格を生かした、本格派右腕。

何と言っても最大の武器はストレートで、MAX157キロを誇ります。

基本的に社会人では救援が多かったのが気がかりです。

ただ中日からしてみれば、1年間守護神として活躍したものの、対東京ドームで不安を残した田島投手に代わる守護神候補としても使えます。

また、キャンプで体力増強をし、先発として使うこともできるでしょう。

鈴木博志投手の課題はコントロール。

お世辞にもコントロールがいいとは言えません。

教授こと福谷投手のようなことになる恐れもありますし、高卒社会人という面では、3年でクビとなった野村亮介投手がチラつきます…。

怪我でダメになった野村亮介投手同様、鈴木博志投手も疲労骨折をしています。

また、ただ速いだけでは福谷投手の二の舞とも考えられますが、鈴木博志投手は福谷投手と違い、単に速いだけのストレートではないことが救い。

ある程度荒れていても、球威のある重いストレートで抑えることができるポイントは評価したいですね。

中日のドラフト2位指名選手 石川翔(青藍泰斗)

中日がドラフト2位指名をしたのは、青藍泰斗高校の石川翔投手です。

即戦力も兼ねて指名するなら鈴木博志投手、将来性も見据えて育成専念なら石川翔投手

が、中日のドラフト会議で指名する選手の最有力候補と考えられていただけに、中日の2位指名まで石川翔投手が残っていたのは本当にラッキーでした。

石川翔投手は、高校生ながらMAX151キロのストレートが持ち味で、高校No.1右腕とも言われています。

また、年々成長をしていき、さらに伸びしろがあるという素材性No.1なところも評価点です。

度重なる怪我をしていますが、これらを乗り切り、さらにはコントロールもひどかった部分を改善。

筋トレで増量をして、球速も150キロを超えてくるなど、着々と将来のエースタイプの投手に成長したのです。

中日スカウト陣の中では、

低めのストレートが決まるようになった

という評価を受けていて、実際に正津スカウトや中田スカウト部長も口にしていました。

筆者は、

「できれば1位で鈴木博志投手、2位で石川翔投手という指名をしたいなぁ」

と思っていたのですが、まさにその通りになったので大喜びです。

2~3年後が非常に楽しみですね!

中日のドラフト3位指名選手 高松渡 (滝川二)

中日がドラフト3位で指名をしたのは、『滝二のイチロー』こと、滝川二高校の高松渡選手です。

高松渡選手最大の特徴は、なんといっても俊足です。

50メートル5.9秒という速さももちろんですが、一塁到達タイムが

3.56秒

という驚異的な数字を記録したことがその速さの証明。

中田宗男スカウト部長も、

「近年のプロでも一塁3.5秒台はいない」

「課題はあるものの、代走専門などなら1年目から使える」

と高評価。

強烈な速さ

と言わしめたその実力はピカイチです。

ちなみに、ポジションはショートと外野ができるので、おそらくは外野、ポスト大島候補として育てるのではないでしょうか?

ショートには京田選手がいますし…。

ちなみに高松渡選手、中日の印象を問われた際に名前を出したのが、その京田選手で、

「京田選手のような俊足好打の若い選手が出てきている。自分もそういう風になりたい」

と語っていました。

足の速さで内野安打にできる部分も素晴らしいので、将来の1番バッターとして期待したいですね!

機動力を重視しようとしている現在の中日には、またとない逸材だと感じました。

中日のドラフト4位指名選手 清水達也(花咲徳栄)

中日がドラフト4位で指名したのは、2017年の甲子園優勝校・花咲徳栄の胴上げ投手である清水 達也投手です。

清水達也投手は、182センチ83キロの本格派右腕。

最速150キロのストレートと縦スラ、フォーク、カーブを織り交ぜて角度を活かした投球をするのが特徴です。

何気に、筆者が今回の中日のドラフト指名選手で注目する選手の1人。

抑えを任せられるということもあり、将来のクローザーとしての期待がかかります。

ちなみに、クローザーとしての目標は横浜DeNAの山崎康晃投手とのことです。

「プロに入ってもストレートを伸ばしていきたい」

と語っていたので、将来、本格派クローザーとして、絶対的守護神になってほしいですね!

中日のドラフト5位指名選手 伊藤康祐 (中京大中京)

中日がドラフト5位指名をしたのは、地元出身で中京大中京の伊藤康祐選手です。

伊藤康祐選手は、内外野こなせる俊足選手。

50メートル5.8秒の俊足を生かして出塁、進塁をするリードオフマンタイプですね。

地元出身の逸材として、将来の1番バッターとしての期待がかかります。

中日のドラフト6位指名選手 山本拓実(市西宮)

中日がドラフト6位で指名したのは、市立西宮高校の山本拓実投手。

1 2 3 4
ページトップへ