中日ドラゴンズのドラフト会議2017!指名選手の情報や評価を紹介

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

身長167センチと小柄ながらも、最速146キロのキレのあるストレートを主体に、5種類の変化球で打者を翻弄できます。

タイプとしては、2017年に中日にトレードで移籍してきた谷本投手のような感じでしょうか。

事実、2017年7月時点では、日本ハムの大渕スカウト部長が

「制球力も球速もある。うちの谷元みたい」

とコメントしています。

伸びしろも多く、なんと高校3年間では24キロも球速を伸ばしました。

谷本投手の去就が不明ではありますが、第2の谷本投手として、活躍に期待したいですね。

 

以上が、中日のドラフト会議で指名した選手です。

ちなみに、育成ドラフトでは、

  • 大蔵彰人投手(徳島インディゴソックス)
  • 石田健人マルク投手(龍谷大)

を指名しています。

変わった名前の投手が1人いますが、石田健人マルク投手は、ベルギー人とのハーフみたいです。

地元・愛知県名古屋市出身で東邦高校卒なので、地元の期待枠として獲得したのでしょうね。

 

まとめ

中日ドラゴンズの、2017年のドラフト指名選手選手を紹介しました。

筆者の予想は大方当たり、鈴木博志投手と石川翔投手を1位、2位で指名できればと思っていたのが実現したのに驚きました。

基本的には、とくに不足している投手中心のドラフトとなりましたね。

ただ、森監督がインタビューで言っていた通り、イマイチ伸び悩む捕手が取れなかったのは痛手です。

『他の方法でとる』とのことですが、どうなるのでしょう?

まあ、それはひとまずおいておいて、今は2018年から加入するルーキーに期待したいですね!

1 2 3 4
ページトップへ